平成9100日目

平成25年12月7日(土)

2013/12/07

【J1】広島、2年連続2度目の制覇

J1最終節は7日、カシマスタジアムなどで9試合行われ、広島が勝ち点2差を逆転し、2年連続2度目の優勝を果たした。連覇は07~09年に3連覇した鹿島以来。広島は石原が2得点して鹿島を2―0で下し、勝ち点を63とした。同62の横浜Mは川崎に0―1で敗れ、2連敗で9年ぶりのタイトルを逃した。鹿島は3位から5位に落ちた。

川崎は勝ち点60で3位に食い込み、来季のアジア・チャンピオンズリーグの出場権を得た。大久保は26ゴールで初の得点王に輝いた。C大阪は浦和に大勝して4位。《共同通信》

【フィギュアGPファイナル】浅田真央選手が連覇

フィギュアGPファイナル第3日は7日、福岡市のマリンメッセ福岡で行われ、女子は5日のショートプログラム(SP)で首位に立っていた浅田真央(中京大)がフリーでも131.66点でトップとなり、合計204.02点で2年連続4回目の優勝を果たした。《毎日新聞》

【MLB・ヤンキース】黒田博樹投手の残留を発表

米大リーグ、ヤンキースは7日、フリーエージェント(FA)となっていた黒田博樹投手(38)と1年契約を結んだと正式に発表した。AP通信によると、年俸は1600万ドル(約16億5千万円)で、投球回190と210をクリアすればそれぞれ25万ドルの出来高払いが付く。

今季がヤンキースで2年目だった黒田は32試合で201回1/3を投げ、11勝13敗、防御率3・31をマーク。メジャー7年目となる来季も先発の柱として期待がかかる。《共同通信》

【すまけいさん】死去

1960年代にベケット劇などを斬新な翻案・演出で演じて「アングラの帝王」と呼ばれ、 映画「男はつらいよ」シリーズやドラマなどでも名脇役として活躍した 俳優のすまけいさんが7日、肝臓がんのため死去した。 78歳だった。《朝日新聞》

12月7日のできごと