平成9082日目

2013/11/19

【キャロライン・ケネディ駐日米大使】信任状奉呈式

キャロライン・ケネディ駐日米大使(55)は19日午後、皇居・宮殿「松の間」で天皇陛下にオバマ大統領の親書を手渡す信任状奉呈式に臨み、正式に大使としての活動を始めた。

東京・丸の内の明治生命館前で、宮内庁差し回しの2頭立て儀装馬車に乗り込んだケネディ大使は、皇居前広場を経由する約1キロのコースを通って正門から皇居に入り、宮殿の表玄関「南車寄」に到着した。沿道には多くの人が人垣をつくり、馬車が通ると歓声が上がった。大使も窓越しに手を振って応えた。《共同通信》




【野球・アジアシリーズ】楽天、決勝逃す

プロ野球のアジア各国・地域の優勝チームなどで争うアジアシリーズは19日、台中インターコンチネンタル球場で準決勝1試合が行われ、1次リーグB組1位の楽天は同A組2位の統一(台湾)に1−4で敗れた。同シリーズで日本勢が決勝進出を逃すのは初めて。《読売新聞》

【サッカー・国際親善試合】日本3−2ベルギー

サッカーの国際親善試合、日本―ベルギーは19日、ブリュッセルで行われ、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング44位の日本は柿谷(C大阪)と本田(CSKAモスクワ)のゴールなどで同5位の強豪に3―2で逆転勝ちした。

日本は0―1の前半37分に酒井宏(ハノーバー)の右クロスを柿谷が頭で合わせて同点とした。後半8分に本田の右足シュートで勝ち越すと、同18分に柿谷のパスを受けた岡崎(マインツ)が加点。その後は押し込まれて1点を失ったが、逃げ切った。《共同通信》

【民主党】元議員の離党相次ぐ

民主党で19日、元国会議員の離党の動きが相次いだ。7月の参院選で落選した前広報委員長の鈴木寛元参院議員(49)は離党届を提出。昨年12月の衆院選で落選した元国土交通政務官の津島恭一元衆院議員(59)は記者会見し、離党の意向を表明した。民主党で要職にあった元議員の離党は党のイメージ低下につながりそうだ。さらに離党を誘発する可能性もある。

鈴木氏は提出後、記者団に「9月に党支部の解散命令が出た。私と一緒にやっていこうという感じではなかった」と述べ、現執行部の対応に原因があると示唆した。《共同通信》

【安倍晋三首相】軽減税率検討へ

安倍首相は19日昼、首相官邸で公明党の山口代表と会談した。山口氏は生活必需品などの消費税率を低く抑える軽減税率について「年末の税制改正で一定の結論を出すように政治決断すべきだ」と述べ、年内に導入方針を決めるよう求めた。山口氏によると首相は「考え方はしっかり承った」と語り、検討する考えを表明した。《読売新聞》

11月19日/のできごと