平成8933日目

2013/06/23

この日のできごと(何の日)

【東京都議会議員選挙】自民候補59人全員当選、民主惨敗

23日投開票された東京都議選(定数127)は自民党の59人が全員当選し、第1党を奪回した。公明党も23人全員が当選し、自公で過半数を大きく上回る82議席を獲得した。

共産党は17議席で倍増、16年ぶりの議席増となった。民主党は15議席で公明、共産を下回って第4党となり、惨敗。第三極はみんなの党が7議席と躍進する一方、日本維新の会は現有を下回る2議席にとどまった。地域政党の東京・生活者ネットワークが3、無所属1。

確定投票率は43・50%。前回の54・49%を10・99ポイント下回り、過去2番目に低かった。

東京都議会議員選挙(定数127)は23日投開票され、自民党が都議会第1党を奪還した。公明党とともに全員当選し、両党で過半数を確保した。経済政策アベノミクスを前面に訴えた安倍晋三首相(自民党総裁)の戦略が奏功。両党は7月の参院選へ弾みをつけた。共産党が躍進する一方、前回、第1党の民主党は第4党に転落する惨敗を喫し、日本維新の会も伸び悩んだ。参院選に向け態勢の立て直しを迫られる。《朝日新聞》



【安倍晋三首相】沖縄全戦没者追悼式に出席

6月23日のできごと(何の日)【安倍晋三首相】沖縄全戦没者追悼式に出席
https://www.kantei.go.jp/

沖縄県は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦が終結したとされる「慰霊の日」を迎えた。68年前の最後の激戦地となった沖縄本島南部、糸満市摩文仁の平和祈念公園では沖縄全戦没者追悼式が開かれ、出席した安倍晋三首相は、沖縄に今なお米軍基地が集中している現状に触れ「沖縄の負担を少しでも軽くするよう全力を尽くす」と誓った。

仲井真弘多知事は平和宣言で、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の「一日も早い県外移設と日米地位協定の抜本的な見直し」を日米両政府に強く求めると訴えた。式典には、岸田文雄外相、小野寺五典防衛相、ルース駐日米大使らも出席した。《共同通信》

【防衛省】オスプレイ八尾空港案判断先送り

防衛省は、日本維新の会が安倍政権に提案した米軍新型輸送機オスプレイの飛行訓練の一部を八尾空港(大阪府八尾市)で受け入れる構想について、適否の判断を参院選後まで先送りする方針を固めた。同省幹部が23日語った。空港の特性から不適との見方が大勢だが、結論を急げば、憲法改正などの課題で維新との連携を模索する安倍晋三首相の政権運営に影響を与えかねないとの判断。

受け入れ反対の立場を取る田中誠太八尾市長は18日、「適地ではないと早く判断してほしい」との要望書を小野寺五典防衛相に提出した。《共同通信》

【陳光誠氏】台湾訪問

自宅軟禁から逃れ、昨年5月に渡米した中国の盲目の人権活動家、陳光誠氏は23日夜、ニューヨーク発関西空港経由の中華航空便で台北郊外の桃園国際空港に到着した。7月11日まで台湾に滞在、記者会見や立法院(国会)での講演などを通じ、中国の人権状況改善を訴える。

5月の欧州に続く外国訪問。中国側は、将来の統一を目指す台湾での陳氏の言動を注視しているとみられる。陳氏を招いた台湾の人権団体によると、陳氏は馬英九総統との会見も望んでおり、馬氏が応じるかも注目されている。

陳氏は24日に台北市で記者会見。25日は王金平立法院長との会見後に立法院で講演する。《共同通信》



6月23日 その日のできごと(何の日)