平成8930日目

2013/06/20

この日のできごと(何の日)

【世界ウイグル会議】中国政府が「激しい弾圧」

亡命ウイグル人組織を束ねる「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル主席が20日、都内の日本外国特派員協会で記者会見し、2009年7月に中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市で起きたウイグル族の大規模暴動以降、中国政府が「激しい弾圧」を行っていると強く非難、日本や国際社会の支援を求めた。

カーディル氏は、ウルムチには今でも至る所に武装した警官や軍隊がいると指摘。さらに特殊部隊も配備され「政府の許可なしにウイグル族の家を捜索したり、殺害したりする」と、人権侵害の実態を告発した。

また今年3月に習近平国家主席体制が発足後、「状況はさらにひどくなった」と批判した。《共同通信》



【日本維新の会・松井一郎幹事長】都議選勝敗ライン明言

日本維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事は20日、23日投開票の東京都議選の勝敗ラインについて「現状維持だけでは勝ったとは絶対に言えない。下回ればはっきりと敗退だ」との認識を示した。日本維新は現有3議席で、34人の公認候補を擁立している。

橋下徹共同代表(大阪市長)は19日、都議選の結果次第で共同代表を辞任する考えを表明している。

松井氏は20日、「橋下氏も私も、今の役職に固執してはいない」と同調した上で「選挙の責任は選対本部長が取るのが筋だ」と幹事長としての自らの責任にも言及した。府庁で記者団の質問に答えた。《共同通信》

【日本維新の会・橋下徹共同代表】メールで候補者に謝罪

日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は20日、従軍慰安婦に関する自らの発言について、東京都議選や夏の参院選の候補者に対し、メールで「戦況を苦しくしてしまった点は申し訳ない」と謝罪した。橋下氏の発言を巡り、石原慎太郎共同代表が「大迷惑だ」と批判し、候補者に謝罪するよう要求。公式には謝罪を拒否していた橋下氏も、都議選投開票日が23日に迫り、早期の対応を余儀なくされた。《毎日新聞》

【日本維新の会・片山虎之助政調会長】橋下氏進退「軽々に辞任困る」

日本維新の会国会議員団の片山虎之助政調会長は20日、共同代表の橋下徹大阪市長が23日投開票の東京都議選の結果次第では辞任する考えを示したことに関し「軽々に辞任されるのは困る」との認識を表明した。

理由について「日本維新は、橋下氏と石原慎太郎共同代表の強烈な個性とリーダーシップでもっている党だからだ」と説明。7月の参院選に向けて「都議選と参院選は連動している。二枚看板で戦いたい」と述べた。

石原氏が、従軍慰安婦発言で党の失速を招いた橋下氏に「大迷惑だ」と強い不満を表明したことに関しても「そういうことを率直に言い合うのが日本維新のいいところだ」と指摘した。《共同通信》

【安倍晋三首相】欧州訪問を終え帰国

安倍晋三首相は20日午後、主要国(G8)首脳会議(ロックアーン・サミット)出席など一連の欧州訪問日程を終え、政府専用機で羽田空港に帰国した。東欧4カ国首脳のほか、ロシアのプーチン大統領、ドイツのメルケル首相らとも会談。日本の首相として初めてアイルランドを訪問した。《共同通信》

【ユネスコ】シリアの世界遺産を「危機遺産」に指定

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は20日、シリア国内にある6つの世界遺産について、2年以上続く内戦により甚大な被害を受けたとして「危機遺産」に指定した。シリアには、ダマスカス、ボスラ、アレッポの3古代都市と、パルミラの遺跡、クラック・デ・シュバリエとカルエッサラー・エルディンの城、シリア北部の古代村落群の計6つの世界遺産がある。《AFP》



6月20日 その日のできごと(何の日)