平成8866日目

2013/04/17

この日のできごと(何の日)

【安倍晋三首相】民主・海江田代表に「0増5減」協力を要請

安倍晋三首相は17日、昨年12月の政権発足後初の党首討論に臨み、民主党の海江田万里代表らと初の論争を交わした。

4月17日のできごと(何の日)【安倍晋三首相】民主・海江田代表に「0増5減」協力を要請
https://www.kantei.go.jp/

首相は海江田氏に衆院小選挙区の「1票の格差」を是正するため定数を「0増5減」して区割りを見直す公職選挙法改正案の早期成立を要請。海江田氏は条件として大幅な定数削減を確約するよう求めた。《日経新聞》



【三宅島】震度5強

17日午後5時57分ごろ、伊豆諸島・三宅島(東京都)で震度5強の地震があった。気象庁によると、震源地は三宅島近海で、震源の深さは約20キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・2と推定される。同島では午前中から震度3などの地震が相次いでいた。

警視庁によると、三宅島で特別養護老人ホームの90代の男性と80代の女性が腰や頭を打つ軽傷を負ったほか、40代の男性が割れたガラスでけがをした。三宅村役場によると、島内の複数の道路で土砂崩れがあり通行できなくなっている。政府は、首相官邸の危機管理センターに官邸連絡室を設置した。《共同通信》

【宮城県】震度5弱

17日午後9時3分ごろ、宮城県石巻市などで震度5弱を観測する地震があった。気象庁によると、震源地は同県沖で震源の深さは約60キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5.8と推定される。東日本大震災の余震とみられる。《産経新聞》

【ニュージーランド議会】同性婚合法化へ

ニュージーランド議会(一院制)は17日、同性間の結婚を認める法改正案を賛成多数で可決した。総督の承認を経て8月に発効する見通し。

AP通信によると、アジア太平洋地域で同性婚を法的に認めるのはニュージーランドが初めて。全世界では、議会が同様の法案を先週可決したウルグアイに続き、13カ国目。

ニュージーランドでは既に、同性のカップルに複数の法的権利が付与されているが、APによると、今回の法改正で、カップルが養子をとることなどが新たに可能になるという。法改正にはキー首相も賛同していた。《共同通信》

【台湾】中国の侵攻阻止へ実弾演習

台湾の陸海空3軍は17日、台湾海峡の離島、澎湖諸島で中国軍の侵攻を想定した恒例の大規模演習「漢光」を実施し、内外メディアに公開した。2008年就任の馬英九総統が軍トップとして初めて指揮し、就任後に控えていた実弾演習も実施した。

国家主席に3月就任した習近平氏の中国新指導部に対し、中台統一に向けた政治的対話に当面は応じないとの姿勢を示す狙いがある。

馬氏は就任後、主に経済面で対中関係を改善させたが、「対中配慮」が過ぎるとの批判が台湾内で出ていた。《共同通信》

【別所浩郎駐韓大使】少女像建立は間違い

ソウルの在韓国日本大使館前に建てられた旧日本軍の従軍慰安婦を象徴する少女の銅像について、別所浩郎駐韓大使は17日「どのような気持ちが出発点であれ(大使館前に)像を作ったことは日韓関係、特に慰安婦問題の解決に役立つと(韓国の人が)思うなら、正しい判断ではない」と述べた。

少女像の存在が慰安婦問題解決の障害になると指摘した形。韓国メディアでつくる団体が主催したソウルでの討論会で述べた。

別所氏は、日韓関係は両国だけでなく、地域や世界にとっても重要だと強調。領土や歴史問題が「重要な(日韓)関係全体を壊すことがないよう努力したい」と述べた。《共同通信》

【京都府・山田啓二知事】レーダー視察で青森訪問

弾道ミサイルを精緻に追尾できる米軍のXバンドレーダーの配備計画がある京都府の山田啓二知事は17日、同レーダーが国内で初めて配備された航空自衛隊車力分屯基地(青森県つがる市)を視察するため青森県を訪問、三村申吾知事と会談した。

山田知事は「一番懸念するのは米軍との関係の中での環境、治安問題」と話し、さらに漁業や農業への影響についても三村知事に質問。三村知事は、青森県では大きな問題は起きていないと答えた。

会談後、山田知事は記者団の取材に応じ、今月中にもXバンドレーダーに詳しい学識経験者、専門家を参与として任命することを明らかにした。《共同通信》

【大阪市・橋下徹市長】教育再生会議「全く駄目」

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は17日、政府の教育再生実行会議が安倍晋三首相に提言した首長が任命する教育長に権限を集中させる教育委員会制度改革案について「問題の本質の認識が足りない。全く駄目だ」と批判した。

橋下氏は「教育長に責任を一元化しても(教員の最終的な)人事権を持っていないので全く意味がない。人事権を含め権限と責任を一致させる発想がない」と指摘。

同時に「教育行政が誰も責任を取らないものになっているという問題の認識も全くない。この点は自民党と全く違うポジションを示すことができる」と述べ、日本維新との違いを強調した。《共同通信》



4月17日 その日のできごと(何の日)