平成8865日目

2013/04/16

【ボクシング・村田諒太選手】プロテスト受験、即日合格

ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリストの村田諒太(27)=三迫=が16日、東京・後楽園ホールでA級ライセンスのプロテストを受験し、当日に合格が発表された。当初からのA級受験は史上初。前日本ミドル級王者佐々木左之介(25)=ワタナベ=を相手に公開された3ラウンドのスパーリングは、テレビで生中継される破格の扱いだった。「やるからには世界王者を目指す。誰からも認められるチャンピオンになりたい」とあらためてプロの頂点を目指す決意を示した。《デイリー》

広告




【ボクシング・井上尚弥選手】デビューから3戦連続KO勝ち

日本ライトフライ級6位の井上尚弥(20=大橋)が16日、東京・後楽園ホールでプロ3戦目に臨み、日本ライトフライ級1位の佐野友樹(松田)に10回TKO勝ち。デビューから3戦連続KO勝利となった。第2、4ラウンドに1回ずつダウンを奪うなど、井上は終始圧倒。粘る佐野に中盤攻めあぐねたものの、最終ラウンドの10回中盤、左カウンターが入りTKOで試合を決めた。《スポニチ》

【MLB・カブス】高橋尚成投手に戦力外通告

カブスが16日、高橋尚成投手(38)に戦力外を通告し、メジャー契約となる40人枠から外したと発表した。マイナー契約を結んでいたベテラン投手ケビン・グレグとキャメロン・ローをメジャー昇格させるために、40人枠を空ける必要があった。今後は、他球団へのトレード、自由契約、マイナー契約でのカブス残留の選択肢がある。球場で知らせを受けた高橋投手は、早々に帰宅。「正直残念だけれど、仕方がない。今後も野球人生は続くから、前を向いていきたい」と話した。《日刊スポーツ》

4月16日/のできごと