平成8855日目

2013/04/06

この日のできごと(何の日)

【この日の安倍総理】

岩手訪問

安倍晋三首相は6日午前、東日本大震災で津波の壊滅的な被害を受けた岩手県宮古市を視察した。同市田老地区では、海抜10メートルの高さの防潮堤から街の復旧の現状を確認し、首相は「住宅再建や復興、街づくりが進むよう全力を尽くしたい」と強調した。


https://www.kantei.go.jp/

就任後の被災地入りは5回目。安倍政権は震災復興を最優先課題の一つに掲げている。首相は毎月1回のペースで訪れており、岩手県は2月以来、2回目となる。

首相は、近くの田老魚市場で水産加工施設も見学。特産のワカメを試食し「おいしい。健康に良い」とおかわりをした。《共同通信》

安倍晋三首相は6日、消費税増税に伴う東日本大震災の被災者対策として、住宅ローン減税の優遇措置に加え、ローンを抱える人を対象とする現金給付を秋までに検討する方針を表明した。復興を加速させるため、被災地での用地取得促進や建設現場で働く労働者の賃金単価引き上げなどの課題解決を急ぐよう、根本匠復興相に指示したことも明らかにした。視察先の岩手県山田町で記者団の質問に答えた。

首相は「住宅ローン減税は全国で展開するが、被災者の方々には特別に上乗せすることを考えている。給付措置は秋までに検討したい」と強調した。《共同通信》

「勧進帳」を鑑賞

安倍晋三首相は6日夜、新装開場した歌舞伎座(東京都中央区)を訪れ、こけら落とし公演の歌舞伎十八番「勧進帳」を鑑賞した。休日に趣味のゴルフや映画観賞を楽しむことはあったが、就任後の歌舞伎見物は初めて。

政府は日本の独自文化を海外に売り込む「クールジャパン戦略」に取り組んでおり、日本の伝統芸能をアピールする狙いもありそうだ。

「勧進帳」は源頼朝に追われる弟の義経、弁慶ら主従一行が、弁慶の機転で関所を越える物語。歌舞伎好きの小泉純一郎元首相がお気に入りの演目の一つで、自民党内からは「長期政権を担った小泉氏にあやかったのでは」との臆測も出ている。《共同通信》



【ネルソン・マンデラ氏】退院

肺の感染症を再発し、3月27日から入院していた南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領(94)が6日、容体の回復に伴って退院した。南ア大統領府が声明を出した。

声明によると、マンデラ氏の病状は「穏やかに回復」しており、今後はヨハネスブルクの自宅で治療を続ける予定。

マンデラ氏は昨年12月に肺の感染症などで3週間近く入院。3月前半にも一時、検査入院し、今回が4カ月で3度目の入院だった。今回の入院中、肺にたまった胸水を除去したという。

【宝塚歌劇団】初の台湾公演スタート

宝塚歌劇団は6日、初の台湾公演を台北市内の「国家戯劇院」でスタートした。台湾の小説をアレンジしたミュージカルなど3部作を14日まで合計12回上演する。台湾は東日本大震災後に、約200億円の義援金を日本に寄付。「感謝の思いが初公演につながった」(宝塚広報)という。宝塚の海外公演は8年ぶりで、台湾は18カ国・地域目の開催。親日的な土壌もあってチケットは既に完売しており、馬英九総統も観劇する方向で調整中だ。《日経新聞》

【DeNA・ラミレス外野手】通算2000本安打達成

プロ野球DeNAのアレックス・ラミレス外野手(38)は6日、神宮球場で行われたヤクルト2回戦で外国人選手として初、史上42人目となる通算2千安打を達成した。六回に石川雅規投手から左越え本塁打を放った。1695試合での到達は長嶋茂雄(巨人)の1708試合を抜き、川上哲治(巨人)の1646試合に次ぐ2番目のペース。

初安打はヤクルト時代の2001年の横浜(現DeNA)戦で竹下慎太郎から記録。来日13年目のシーズンを2千安打まで残り7本として迎え、開幕から7試合目で成し遂げた。《共同通信》

【神奈川県海老名市】1時間に102ミリの豪雨

発達中の低気圧の影響で全国的に大荒れの天気になっている。関東地方では6日夜、100ミリを超える猛烈な雨が観測されたが、7日は強い風が吹き暴風に警戒が必要。6日夜、関東地方や東北地方の南部では大気の状態が非常に不安定になり、神奈川・海老名市では1時間に102ミリの猛烈な雨が観測された他、福島・いわき市平でも91ミリの雨を記録した。こうした雨の影響で、東京都心を流れる目黒川などで氾濫の恐れがあるとして、一時、氾濫警戒情報が発表された他、神奈川・平塚市では川の流域にある世帯に避難勧告が出された。《日テレNEWS》

【小野寺五典防衛相】沖縄県・仲井真知事と会談

小野寺五典防衛相は6日、那覇市内のホテルで沖縄県の仲井真弘多知事と会談し、日米両政府が合意した嘉手納以南の米軍基地返還計画を説明した。仲井真氏は計画で返還時期が「わからない」と述べ、書きぶりがあいまいだと指摘。会談後には、普天間飛行場(宜野湾市)の返還が2022年度以降と記されたことについて、記者団に「9から10年固定化ということでは長すぎる」と語った。《朝日新聞》



4月6日 その日のできごと(何の日)