平成8780日目

2013/01/21

この日のできごと(何の日)

【米・オバマ大統領】2期目就任式

昨年11月の選挙で再選を果たしたバラク・オバマ米大統領(51)は21日昼(日本時間22日未明)、首都ワシントンで2期目の就任式に臨んだ。就任の宣誓は日曜日の20日にすませている。任期は2017年1月までの4年間。

Embed from Getty Images

3選は憲法で禁じられており、オバマ氏は09年からコンビを組んでいるバイデン副大統領と政権の総仕上げにかかる。《日経新聞》



【米・オバマ大統領】舞踏会でダンス披露

オバマ米大統領の2期目の就任を祝う舞踏会が21日夜、首都ワシントンで開かれ、オバマ氏は赤いドレスに身を包んだミシェル夫人とのダンスを披露し、観衆の拍手と歓声を浴びた。

ミシェル夫人がこの日着たドレスは、台湾出身のジェイソン・ウー氏がデザイン。4年前の1期目の舞踏会の際に着用した白いドレスもウー氏のデザインだった。

舞踏会は大統領就任式夜の恒例行事。ロイター通信によると、前回2009年には10カ所で開かれたが、今回は厳しい経済情勢などに配慮して2カ所に絞られた。《共同通信》

【英・ヘンリー王子】アフガンでの任務終了

チャールズ英皇太子の次男で、アフガニスタンの英軍基地に派遣されていたヘンリー王子(28)が21日、任務を終え、英国に帰国するためアフガンを出発した。英メディアが報じた。

ヘンリー王子は昨年9月、アフガンに派遣され、攻撃型ヘリコプター、アパッチに搭乗。王子は英メディアの取材に対し、任務としてアフガンの反政府武装勢力タリバンを攻撃し、メンバーを殺害したことを認めた。《共同通信》

【根本匠復興相】再建工程表を地区ごとに

根本匠復興相は21日、盛岡市の岩手復興局で達増拓也岩手県知事と会談し、東日本大震災で津波被害を受けた沿岸自治体の住宅地再建に向け、移転先となる高台や内陸の宅地造成期間や着工戸数を掲げた工程表を地区ごとに作成する方針を示した。

根本氏は「復興を目に見える形にして事業を加速していきたい」と述べた。工程表には災害公営住宅や民間住宅へ入居可能になる時期や戸数も盛り込むとした。

復興を担う自治体の技術職員不足については「被災地で共通の課題だ」との認識を示し、復興庁が採用して各市町村に派遣する取り組みを引き続き進める考えを示した。《共同通信》

【麻生太郎副総理】「さっさと死ねるように」

麻生太郎副総理は21日午前の社会保障制度改革国民会議で、高齢者などの終末期医療に関し「いいかげん死にたいと思っても『生きられますから』なんて生かされたんじゃかなわない。しかも政府の金で(高額医療を)やってもらっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらわないと」と述べた。

発言について、麻生氏は午後「公の場で発言したことは適当でない面もあったと考える。当該部分については撤回する」とのコメントを発表。「一般論ではなく、個人的なことを言った。終末医療のあるべき姿について意見したのではない」と記者団に釈明した。《共同通信》

【安倍晋三首相】社会保障改革に意欲

安倍晋三首相は21日、年金や医療の将来像を議論する「社会保障制度改革国民会議」の第3回会合に出席し、改革の進展に意欲を示した。安倍政権での開催は初めて。委員からは安倍政権が70~74歳の医療費自己負担を1割に据え置いている現行の特例措置を当面継続したことに批判が上がり、給付抑制策に取り組むよう注文が付いた。

首相は「持続可能な社会保障制度を構築し、暮らしの安心を取り戻したい。暮らしの再生は安倍内閣の重要課題だ」と表明。「安倍内閣としても(自民、公明、民主の)3党合意に基づき、一体改革を進める」とし、設置期限の8月までに議論を取りまとめるよう要請した。《共同通信》

【安倍晋三首相】アルジェリア人質事件「安否確認に全力」

アルジェリア南東部イナメナスの天然ガス関連施設で起きた人質事件をめぐり、城内実外務政務官が21日朝(日本時間21日夕)、事件現場近くの病院を訪問して遺体を確認し、安否不明だった日揮の日本人社員7人と確認した。安倍晋三首相が21日夜に首相官邸で開いた政府の対策本部で明らかにした。首相は「引き続き3人の行方不明者の安否確認に全力を尽くす」と語った。

安倍政権は無事だった日本人7人の帰国のため、22日にも政府専用機を飛ばす方針だ。小野寺五典防衛相は21日、岸田文雄外相の派遣要請を受けて自衛隊に政府専用機による邦人輸送を命令した。同日中に札幌から羽田に移動し、22日夜にも首都アルジェに向けて出発する予定。付き添いとして鈴木俊一外務副大臣を派遣することも決めた。《朝日新聞》



1月21日 その日のできごと(何の日)