平成8780日目

2013/01/21

【米・オバマ大統領】2期目就任式

Embed from Getty Images

昨年11月の選挙で再選を果たしたバラク・オバマ米大統領(51)は21日昼(日本時間22日未明)、首都ワシントンで2期目の就任式に臨んだ。就任の宣誓は日曜日の20日にすませている。任期は2017年1月までの4年間。3選は憲法で禁じられており、オバマ氏は09年からコンビを組んでいるバイデン副大統領と政権の総仕上げにかかる。《日経新聞》

広告




【麻生太郎副総理】「さっさと死ねるように」

麻生太郎副総理は21日午前の社会保障制度改革国民会議で、高齢者などの終末期医療に関し「いいかげん死にたいと思っても『生きられますから』なんて生かされたんじゃかなわない。しかも政府の金で(高額医療を)やってもらっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらわないと」と述べた。

発言について、麻生氏は午後「公の場で発言したことは適当でない面もあったと考える。当該部分については撤回する」とのコメントを発表。「一般論ではなく、個人的なことを言った。終末医療のあるべき姿について意見したのではない」と記者団に釈明した。《共同通信》

【安倍晋三首相】アルジェリア人質事件「安否確認に全力」

アルジェリア南東部イナメナスの天然ガス関連施設で起きた人質事件をめぐり、城内実外務政務官が21日朝(日本時間21日夕)、事件現場近くの病院を訪問して遺体を確認し、安否不明だった日揮の日本人社員7人と確認した。安倍晋三首相が21日夜に首相官邸で開いた政府の対策本部で明らかにした。首相は「引き続き3人の行方不明者の安否確認に全力を尽くす」と語った。

安倍政権は無事だった日本人7人の帰国のため、22日にも政府専用機を飛ばす方針だ。小野寺五典防衛相は21日、岸田文雄外相の派遣要請を受けて自衛隊に政府専用機による邦人輸送を命令した。同日中に札幌から羽田に移動し、22日夜にも首都アルジェに向けて出発する予定。付き添いとして鈴木俊一外務副大臣を派遣することも決めた。《朝日新聞》

1月21日/のできごと