2013 平成25年1月22日(火)

平成8781日目

2013/01/22

【坂本龍一さん】大島渚監督に弔辞

15日に80歳で亡くなった映画監督の大島渚さんの葬儀・告別式が22日、東京・築地本願寺で営まれ、雨の中、約700人が参列した。

83年に映画「戦場のメリークリスマス」に出演し、音楽も担当した音楽家の坂本龍一(61)が、米ニューヨークから駆けつけ、大島監督の遺影を見つめながら弔辞を述べた。「私のヒーローでした。今日あるのはすべてあなたのおかげです」と述べ、はさらに「戦メリ」出演の経緯にもふれた。

「そのヒーローのあなたがたった一人で台本を脇に抱えて私に会いに来て下さいました。『映画に出て下さい』とおっしゃいまして、経験のない私は無謀にも『私に音楽をやらせて下さい』と頼み、あなたは『いいです。お願いします』と即答されました。そこから全てが変わりました」と声を振り絞るように監督の遺影に語りかけた。

「今日あるのは大島監督あなたのおかげです。あなたは本当に偉大な映画監督であり偉大な人間でした。あなたのように社会を厳しくしかる人間がいなくなり、日本はつまらない国になったのかもしれません。現在の日本という国を見てあなたはどう思っているのでしょうか。あなたの全てにありがとう」と感謝した。《スポニチ》

広告




【サッカー・小野裕二選手】スタンダール入団会見

J1横浜Mからベルギー1部リーグ、スタンダールへの移籍が決まったFW小野裕二(20)が22日、ベルギーのリエージュで記者会見し「自分にとっては海外に出るのが夢だった。試合に早く出て力になりたい」と意気込みを語った。

俊敏なドリブルが持ち味の小野は「細かい動きで相手をかき回したい」とアピールし、ポジションについては「前ならどこでもいい。監督にいけと言われればいつでもいく」と力強く話した。《共同通信》

【埼玉県警】トイレで産んだ男児を放置、26歳女を逮捕

埼玉県警本庄署は22日、殺人の疑いで、同県本庄市のパートA容疑者(26)を逮捕した。逮捕容疑は19日午後8時~20日午前10時50分、同市のアパート1階にある交際相手の男性宅のトイレで出産した男児を、窓から投げ捨て放置し、殺害した疑い。

20日午前、トイレに入った男性が窓の外に放置された男児を発見して110番した。男児は既に死亡していた。A容疑者は「交際相手や母親にばれると困るから捨てた」と供述。男性や同居する家族に妊娠を告げたが、その後「流産した」と話していた。《スポニチ》

【アルジェリア人質事件】政府専用機が現地へ

政府は22日、アルジェリア人質事件でまだ安否が判明していない日本人3人の確認作業を続けた。同日午後10時すぎには政府専用機が首都アルジェに向けて羽田空港を出発した。23日夕に現地に到着する予定。早ければ24日夕にも死亡を確認した7人の遺体や、無事救出された7人を乗せて帰国する運びだ。

政府専用機の派遣は、海外にいる邦人輸送を定めた自衛隊法84条に基づく。在外邦人の緊急輸送を目的に政府専用機を使う初のケースとなる。菅義偉官房長官は22日午後の記者会見で、3人の安否は依然確認できていないと説明。現地入りしている城内実外務政務官らによる安否確認の作業が、日本時間同日夕から再開するとの見通しを示した。

【作家・常盤新平さん】死去

洗練された文体の小説やエッセー、米現代文学の翻訳などで知られた直木賞作家で翻訳家の常盤新平さんが22日午後7時12分、肺炎のため東京都町田市の病院で死去した。81歳。岩手県出身。早大卒。

早川書房に入社し「ハヤカワ・ミステリ・マガジン」編集長を経て文筆活動に。米国文化やジャーナリズムを紹介したほか、ボブ・ウッドワードとカール・バーンスタインの「大統領の陰謀」、アーウィン・ショーの「夏服を着た女たち」などの名翻訳が評判になった。

小説やエッセーも精力的に執筆し、米国に憧れた青年を描いた自伝的作品「遠いアメリカ」で1987年に直木賞を受賞した。《日刊スポーツ》