平成8722日目

2012/11/24

【J1・広島】クラブ初のシーズン優勝

J1第33節は24日、広島広域公園陸上競技場などで9試合が行われ、広島が佐藤の今季22点目のゴールなどでC大阪に4―1で快勝して勝ち点61とし、初の年間優勝を決めた。2位仙台が新潟に0―1で敗れて同57で足踏みし、最終節を残して逆転の可能性がなくなった。

鳥栖は浦和を3―1で破り、勝ち点53で3位に浮上した。鹿島は名古屋に2―1で競り勝ち、同43で残留が決まった。残留争いはFC東京と2―2で引き分けたG大阪が同38の16位、新潟が同37で17位となった。《共同通信》




【サッカー・中山雅史選手】811日ぶりに公式戦出場

ゴンがJ1に帰ってきた。札幌FW中山雅史(45)が横浜戦の後半45分から今季初出場。得点はならなかったが、公式戦出場は10年9月5日の天皇杯グルージャ盛岡戦以来811日ぶり、J1で09年11月28日広島戦以来1092日ぶりの出場を果たした。45歳2カ月1日でのJ1出場で、自身が持つ最年長記録を更新したが、チームは今季ホーム最終戦を0-2で敗れ、J1ワースト27敗目を喫した。《日刊スポーツ》

【大相撲九州場所14日目】横綱白鵬、23度目の優勝

大相撲九州場所14日目は24日、福岡国際センターで行われ、横綱白鵬が4場所ぶりの優勝を決めた。23度目の優勝は貴乃花を抜いて単独史上5位。九州場所6連覇は千代の富士の8連覇に次いで2位。

単独首位の白鵬をただ一人2差で追っていた旭天鵬が大関琴奨菊の寄りに屈し、優勝が決まった。白鵬は大関鶴竜を上手投げで下して13勝目を挙げた。鶴竜は6敗目。勝ち越した琴奨菊は初のかど番を脱した。

新横綱日馬富士は大関稀勢の里に寄り切られ、4連敗で5敗目。稀勢の里は関脇豪栄道とともに10勝目を挙げた。大関琴欧洲は豊ノ島の下手投げに屈して6敗目。《共同通信》

【女優・酒井法子さん】芸能活動復帰会見

覚せい剤取締法違反の罪で懲役1年6月の有罪判決を受けた酒井法子(41)が、3年の執行猶予期間が明けた24日、都内で復帰作となる主演舞台「碧空の狂詩曲~お市の方外伝~」の製作発表会見に登場した。

ベージュのワンピース姿で現れた酒井は「今回、舞台に立たせていただくことになり、ただただ素直にうれしい。ありがたくて、心の底から感謝の気持ちしかありません」と現在の心境を告白。ファンに対しては「今日この日を一緒に喜んでくれていると思っている」と話した。

酒井は2009年8月に覚せい剤所持容疑で逮捕。逮捕まで6日間逃走し、連日、列島の注目を集める事件になった。同年9月に釈放され、11月に有罪判決を言い渡された。《スポニチ》

【自民党・安倍晋三総裁】党首討論「応じる」

自民党の安倍総裁は24日夜、民主党が呼びかけている野田首相(民主党代表)との党首討論に応じる考えを表明した。民主党は26日に正式に自民党に申し入れる構えで、近く両党首の討論が実現する見通しだ。

安倍氏は東京都内で記者団に、「野田首相が希望するなら、政策論議を深めていくことは大切だ。私たちが何を目指すのか、民主党と何が違うのか、明確にしていきたい」と述べた。

一方で「友党である公明党をはじめ、たくさんの政党がある。同じ機会を与えられてしかるべきだ」とも語った。29日にインターネット番組上で、民自両党以外の各党を含めた討論会が開かれることから、この番組の中で行うのがふさわしいとの認識も示した。《読売新聞》

【野田佳彦首相】全国遊説スタート

野田首相(民主党代表)は24日午後、東京都多摩市で衆院解散後初めて街頭演説を行い、衆院選(12月4日公示ー16日投開票)に向けた全国遊説をスタートした。

演説では、自民党の安倍総裁が掲げる経済政策への批判を強めた。安倍氏も同日昼、東京都武蔵野市の街頭演説で民主党政権が経済、外交政策で失敗したと追及し、両党党首は舌戦の火花を散らした。《読売新聞》

11月24日/のできごと