平成8722日目

2012/11/24

この日のできごと(何の日)

【この日の野田総理】

「在宅医療・認知症ケア施設」訪問

平成24年11月24日、野田総理は、東京都多摩市の認知症ケア施設などを訪問しました。

最初にグループホームを訪れ、概要説明を受け、施設利用者の方とふれあいました。次に、在宅医療を受けている方のご自宅を訪問しました。最後に、クリニックを訪れ、スタッフの方々と意見交換を行いました。《首相官邸》

全国遊説スタート

野田首相(民主党代表)は24日午後、東京都多摩市で衆院解散後初めて街頭演説を行い、衆院選(12月4日公示ー16日投開票)に向けた全国遊説をスタートした。

演説では、自民党の安倍総裁が掲げる経済政策への批判を強めた。安倍氏も同日昼、東京都武蔵野市の街頭演説で民主党政権が経済、外交政策で失敗したと追及し、両党党首は舌戦の火花を散らした。《読売新聞》

野田佳彦首相は24日、衆院選に向けて自民党の安倍晋三総裁との討論会開催に意欲を示した。視察先の東京都多摩市内で記者団に対し「政党を選ぶ選挙である半面、首相を選ぶ選挙でもある。与党と野党第1党の党首が議論して、経済や社会保障などで違いがどこにあるのか知ってもらうのは意義がある」と述べた。

同時に、安倍氏が憲法改正による「国防軍」保持を主張していることに関し「憲法改正は国の形にかかわり、国民的議論を経なければいけない」と指摘。憲法改正を他の政策と同列に訴えているとして「やり方が乱暴だ」と重ねて批判した。

首相は衆院選の街頭演説を100カ所以上、実施する考えも示した。《共同通信》



【フィギュア・NHK杯】羽生結弦選手、浅田真央選手が優勝

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯第2日は24日、宮城県セキスイハイムスーパーアリーナで男女のフリーなどを行い、男子はショートプログラム(SP)で首位だった17歳の羽生結弦(宮城・東北高)が合計261.03点で、女子もSPトップの浅田真央(中京大)が185.27点で優勝した。浅田は日本人最多のGP10勝目。

男子は高橋大輔(関大大学院)が251.51点で、女子は鈴木明子(邦和スポーツランド)が185.22点で2位に入り、羽生、浅田とともにシリーズの上位6選手で争うGPファイナル(12月・ソチ)進出を決めた。

女子は長洲未来(米国)が176.68点で3位、今井遥(大東大)は145.42点で8位だった。

アイスダンスはメリル・デービス、チャーリー・ホワイト組(米国)が制し、キャシー・リード、クリス・リード組(木下ク)は5位だった。《共同通信》

【J1・広島】クラブ初のシーズン優勝

J1第33節は24日、広島広域公園陸上競技場などで9試合が行われ、広島が佐藤の今季22点目のゴールなどでC大阪に4―1で快勝して勝ち点61とし、初の年間優勝を決めた。2位仙台が新潟に0―1で敗れて同57で足踏みし、最終節を残して逆転の可能性がなくなった。

鳥栖は浦和を3―1で破り、勝ち点53で3位に浮上した。鹿島は名古屋に2―1で競り勝ち、同43で残留が決まった。残留争いはFC東京と2―2で引き分けたG大阪が同38の16位、新潟が同37で17位となった。《共同通信》

【サッカー・中山雅史選手】811日ぶりに公式戦出場

ゴンがJ1に帰ってきた。札幌FW中山雅史(45)が横浜戦の後半45分から今季初出場。得点はならなかったが、公式戦出場は10年9月5日の天皇杯グルージャ盛岡戦以来811日ぶり、J1で09年11月28日広島戦以来1092日ぶりの出場を果たした。45歳2カ月1日でのJ1出場で、自身が持つ最年長記録を更新したが、チームは今季ホーム最終戦を0-2で敗れ、J1ワースト27敗目を喫した。《日刊スポーツ》

【大相撲九州場所14日目】横綱白鵬関、23度目の優勝

大相撲九州場所14日目は24日、福岡国際センターで行われ、横綱白鵬が4場所ぶりの優勝を決めた。23度目の優勝は貴乃花を抜いて単独史上5位。九州場所6連覇は千代の富士の8連覇に次いで2位。

単独首位の白鵬をただ一人2差で追っていた旭天鵬が大関琴奨菊の寄りに屈し、優勝が決まった。白鵬は大関鶴竜を上手投げで下して13勝目を挙げた。鶴竜は6敗目。勝ち越した琴奨菊は初のかど番を脱した。

新横綱日馬富士は大関稀勢の里に寄り切られ、4連敗で5敗目。稀勢の里は関脇豪栄道とともに10勝目を挙げた。大関琴欧洲は豊ノ島の下手投げに屈して6敗目。《共同通信》

【女優・酒井法子さん】芸能活動復帰会見

覚せい剤取締法違反の罪で懲役1年6月の有罪判決を受けた酒井法子(41)が、3年の執行猶予期間が明けた24日、都内で復帰作となる主演舞台「碧空の狂詩曲~お市の方外伝~」の製作発表会見に登場した。

ベージュのワンピース姿で現れた酒井は「今回、舞台に立たせていただくことになり、ただただ素直にうれしい。ありがたくて、心の底から感謝の気持ちしかありません」と現在の心境を告白。ファンに対しては「今日この日を一緒に喜んでくれていると思っている」と話した。

酒井は2009年8月に覚せい剤所持容疑で逮捕。逮捕まで6日間逃走し、連日、列島の注目を集める事件になった。同年9月に釈放され、11月に有罪判決を言い渡された。《スポニチ》

【日本維新の会】候補者擁立150どまり

日本維新の会の東徹総務会長は24日、記者会見し、26日に予定する6次公認で小選挙区の候補擁立作業をほぼ終え、最終的に150人規模にとどまるとの見通しを示した。衆院過半数の議席獲得という目標を大幅に後退させた形だ。比例代表単独候補を加えても擁立数を大幅に伸ばすのは困難な情勢で、代表代行の橋下徹大阪市長は遊説先の松山市で記者団に「初めての国政選挙だ。自己資金でこれだけ集まったのはすごい」と釈明した。

東氏は会見で衆院選第5次公認候補として10道府県11人を発表。京都1区の候補を差し替え、公認は第1次から合わせて計142人になった。《共同通信》

【自民党・安倍晋三総裁】党首討論「応じる」

自民党の安倍総裁は24日夜、民主党が呼びかけている野田首相(民主党代表)との党首討論に応じる考えを表明した。民主党は26日に正式に自民党に申し入れる構えで、近く両党首の討論が実現する見通しだ。

安倍氏は東京都内で記者団に、「野田首相が希望するなら、政策論議を深めていくことは大切だ。私たちが何を目指すのか、民主党と何が違うのか、明確にしていきたい」と述べた。

一方で「友党である公明党をはじめ、たくさんの政党がある。同じ機会を与えられてしかるべきだ」とも語った。29日にインターネット番組上で、民自両党以外の各党を含めた討論会が開かれることから、この番組の中で行うのがふさわしいとの認識も示した。《読売新聞》



11月24日のできごと