平成8712日目

2012/11/14

【野田佳彦首相】「16日に衆議院解散」を明言

野田佳彦首相は14日午後の党首討論で、今月16日に衆院解散に踏み切る意向を表明した。自民党が赤字国債発行法案と衆院の「1票の格差」是正法案の早期成立、衆院定数削減を来年の通常国会中に結論を出すことについて確約することなどを条件に掲げた。16日に解散すれば衆院選は「27日公示―12月9日投開票」か「12月4日公示―16日投開票」となる見通しだ。

首相は自民党の安倍晋三総裁との討論の中で、赤字国債法案の週内成立とともに、衆院小選挙区の1票の格差を「0増5減」で是正する法案の早期処理での協力を要請。民主党が比例定数40削減を訴える定数削減では、先送りする場合でも国会議員歳費を削減しながら来年の通常国会で結論を出すことを提案した。

そのうえで「必ずやると決断してもらえるなら、今週の16日に衆院を解散してもいいと思っている」と明言した。首相は16日の解散について「ぜひやり遂げたい」とも強調。公明党の山口那津男代表との討論でも同様の提案をし、山口氏は前向きな姿勢を示した。

民主党は14日に「1票の格差」是正と定数削減を含めた衆院選挙制度改革関連法案を国会に提出。首相は自公側に定数削減の実現を条件に掲げて身を切る改革を強調し、「攻めの姿勢」で衆院選に臨む狙いがある。

首相は11日、年内に解散する意向を民主党の輿石東幹事長に伝達。民主党内には反対論が根強く、13日の党常任幹事会では「党の総意」として年内解散に反対することを決めている。《日経新聞》




【サッカーW杯アジア最終予選】日本2−1オマーン

サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選B組第5戦は14日、各地で行われ、首位の日本はマスカットでオマーンを2―1で下し、通算4勝1分けの勝ち点13とした。来年3月26日に敵地でのヨルダン戦に勝てば、5大会連続5度目の本大会出場が決まる。

日本は前半に長友(インテル・ミラノ)の左クロスから清武(ニュルンベルク)が左足で決めて先制。後半にセットプレーで失点して追い付かれたが、終了間際に岡崎(シュツットガルト)が決勝ゴールを挙げた。ザッケローニ監督が指揮した試合の通算成績は18勝8分け(1PK勝ちを含む)3敗となった。《共同通信》

【プロ野球・正力松太郎賞】巨人・原辰徳監督、阿部慎之助捕手

今年のプロ野球の発展に最も貢献した監督、選手に贈られる「正力松太郎賞」の選考委員会が14日、東京都内で行われ、巨人を3年ぶり22度目の日本一に導いた原辰徳監督(54)と、首位打者と打点王の2冠に輝いた阿部慎之助捕手(33)が選ばれた。

原監督は02、09年に続く3度目の受賞で、阿部は初。2人同時の受賞は03年にダイエー(現ソフトバンク)の王貞治監督と阪神の星野仙一監督が選ばれて以来9年ぶり3度目となった。選手が受賞するのは、00年の松井秀喜外野手(当時巨人)以来12年ぶり。《スポニチ》

11月14日/のできごと