平成8711日目

2012/11/13

【太陽の党】旗揚げ

石原慎太郎前東京都知事は13日夕、都内のホテルで記者会見し、新党「太陽の党」を結成し、石原氏と同党の母体となったたちあがれ日本の平沼赳夫元経済産業相が共同代表に就いたと発表した。

これに先立ち、たちあがれ日本は、東京都選挙管理委員会を通じて総務相に、政党名を「太陽の党」に変更すると届け出た。代表者を平沼赳夫元経済産業相から石原氏に代えた。届け出は政治資金規正法に基づく手続き。

太陽の党には、平沼氏を含め、たちあがれ日本の衆参両院議員計5人が参加。今後、無所属議員ら数人が合流する可能性がある。《共同通信》




【WBC名誉王者・西岡利晃選手】引退会見

世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級名誉チャンピオンの西岡利晃(帝拳)が13日、都内で記者会見し、現役引退を表明した。

会見で西岡は「やりきった。大満足のボクシング人生でした」と、引退に悔いがないことを明言した。「プロボクサー生活18年。つらいことも、大きな喜びもあり、ボクシングを通じてたくさんの感動を経験した」と、ボクシングへの感謝の気持ちも口にした。

94年にプロデビュー。08年9月に5度目の世界挑戦でWBC同級王座を獲得し、7度防衛した。3月に日本人初の終身タイトルの名誉王者に昇格。

10月中旬に世界ボクシング機構(WBO)王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦で敗戦。帝拳ジムの本田会長は引退を明言していた。西岡は去就について「会長と相談して、きちんと場を設けるつもり」と話していた。戦績は47戦39勝(24KO)5敗3分け。《スポニチ》

【民主党】年内解散は反対「党の総意」

民主党は13日、国会内で常任理事会を開き、出席者から年内の衆院解散を目指す野田首相の動きに対する批判や反発が続出した。幹事会では、年内解散への反対論のほか、首相退陣を求める声が上がり、輿石幹事長が首相に対し「党の総意」として解散に反対する考えを伝えることで一致した。

輿石氏はこの後、国会内で首相と会談し、これを報告した。これに対し、首相は年内解散を断行する考えを崩していない。民主党内の攻防は緊迫化している。《読売新聞》

11月13日/のできごと