2012 平成24年11月12日(月)のできごと(何の日)

平成8710日目

2012/11/12

【陸山会事件】小沢一郎氏、二審も無罪

資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、政治資金規正法違反罪で強制起訴された元民主党代表で「国民の生活が第一」代表の小沢一郎被告=衆院岩手4区=(70)の控訴審判決で、東京高裁(小川正持裁判長)は12日、無罪とした一審東京地裁判決を支持、検察官役の指定弁護士の控訴を棄却した。

検察審査会の議決を受けた起訴での二審判決は初めて。指定弁護士が新たに申請した証拠は全て不採用となり、高裁が一審と同じ証拠で小沢代表の「違法性の認識」をどう判断するかが焦点だった。

4月の東京地裁判決は、石川知裕衆院議員(39)ら元秘書が、小沢代表から土地購入のため提供された4億円を収支報告書に記載せず、土地代金の計上を翌年に先送りしたことが「虚偽の記入」に当たると認定。小沢代表もこの方針について報告を受け、了承していたと認めた。

その上で、小沢代表が石川議員から土地購入の具体的な経緯を説明されていなかったため、4億円記載の必要性を認識せず、計上の先送りも適法と考えていた可能性がある、として違法性の認識を否定。共謀はなく無罪だと結論付けた。

指定弁護士は「政治生命に直結する重大な問題で元秘書が詳細を知らせないはずはなく、小沢代表が違法と認識していたことは明らかだ」と一審判決の事実誤認を主張。弁護側は「証拠に基づかない想像だ」と反論し、「元秘書から違法行為をすると報告されれば、やめさせるだけだ」と控訴棄却を求めていた。《岩手日報》




【韓国大統領府】家宅捜索を拒否

韓国の李明博大統領の私邸用地不正購入疑惑で、特別法に基づき捜査中の特別検察官は12日、ソウルの政府関連施設で、大統領府の警護所が任意提出した資料を押収した。検察官は資料が不十分だとして家宅捜索令状の執行を試みたが、大統領府が拒否したためできなかった。聯合ニュースが報じた。

韓国の刑事訴訟法によると、軍事上の秘密を持つ施設などの捜索には施設責任者の承諾が必要。大統領府が家宅捜索を拒んだことで疑惑がさらに増幅する可能性がある。

また特別検察官は12日、大統領の金潤玉夫人の事情聴取を書面で行うことを決めた。《共同通信》

【野田佳彦首相】衆院定数削減に意欲

衆院予算委員会は12日、野田佳彦首相と全閣僚が出席して基本的質疑を実施した。首相は衆院選挙制度改革に関し、比例代表の定数削減に意欲を示した。赤字国債発行に必要な公債発行特例法案については「こういうものを武器に政策実現がゆがめられるのはいけない」と述べ、毎年度の予算案と一体処理する新たなルール作りを重ねて呼び掛けた。

10月1日の第3次改造内閣発足後、予算委開催は初めて。13日に2日目の衆院予算委、14日には党首討論がそれぞれ開かれる予定で、解散をめぐる与野党攻防が激化する。《共同通信》

11月12日/のできごと

シェアする

フォローする