平成8689日目

2012/10/22

【この日の野田総理】

パナマ・マルティネリ大統領と会談

野田佳彦首相は22日、パナマのマルティネリ大統領と首相官邸で会談した。大統領は会談後の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島をめぐり日本と中国が対立している問題について「日本の立場を支援してきた」と述べた。

10月22日のできごと(何の日)【野田佳彦首相】パナマ・マルティネリ大統領と会談
https://www.kantei.go.jp/

首脳会談では経済分野などで協議を始め、日本からの投資を促進することで一致した。日本はパナマ運河の第4位の利用国で、同運河は2015年初めまでに拡張工事を終える見込みだ。《日経新聞》

中小野党に協力要請

野田佳彦首相は22日午後、中小5野党の党首らと国会内で個別に会談し、29日に召集する臨時国会の審議へ協力を要請した。会期を11月30日までの33日間とする方針も表明した。各党首は臨時国会中の衆院解散を求めたが、首相は解散時期を明言しなかった。

首相が解散の確約を拒んだことに反発した自民、公明両党は、臨時国会での審議を拒否する構えを示している。首相は中小野党に審議に応じてもらうことで野党勢力を分断し、自公両党の軟化を促したい考えだ。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【大滝秀治さん】お別れの会

2日に87歳で死去した俳優で文化功労者の大滝秀治さんのお別れの会が22日、青山葬儀所(東京都港区)で開かれた。大滝さんと共に劇団民芸の代表を務めてきた奈良岡朋子さんが葬儀委員長となり、阿部寛さんや浅野忠信さんなど俳優、関係者ら約千人が参列した。

テレビドラマ「北の国から」の脚本を書いた倉本聡さんは、酪農家を演じた大滝さんが、農家を歩き回って服を直接借り受けるほど、熱心だったエピソードを披露。「狂気の役者でした。あなたのおかげで今、僕はいます」と弔辞を読んだ。《共同通信》

【セ・リーグCS】巨人、日本シリーズ出場決定

プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は22日、東京ドームで最終第6戦を行い、巨人が4―2で中日を下して3勝3敗とし、リーグ優勝の1勝のアドバンテージにより、3年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。

第1戦から3連敗した後、2連勝して第6戦に持ち込んだ巨人は2回、寺内の2点適時打、長野の右前適時打で3点先制。5回には村田がソロ本塁打を放った。先発のホールトンは5回まで投げて無失点だった。中日は6回と9回に1点ずつ返したが及ばなかった。先発の伊藤は二回途中でKOされた。《日経新聞》

【日本維新の会・橋下徹代表】佐野眞一氏への非難継続

日本維新の会代表の橋下徹大阪市長は22日、自身の出自に関する記事を週刊朝日に執筆したノンフィクション作家佐野真一氏について「明らかにペンの力での家族抹殺だ。逆に僕は佐野を抹殺しに行かなきゃいけない」と述べ、記者会見やツイッターで非難を続ける考えを示した。

週刊朝日が、23日発売の最新号でおわびを掲載することについては「これから検証すると言っているが、再起不能で矯正不可能だ」と不満の意を示し、「次の記者会見に来るかどうか。そこにかかっている」と、市長記者会見で掲載経緯などを説明するようあらためて求めた。《共同通信》

【民主党・輿石東幹事長】「解散は首相判断」と強調

民主党の輿石東幹事長は22日午後の政府・民主三役会議で、前原誠司国家戦略担当相が公債発行特例法案などの懸案が解決すれば、野田佳彦首相が年内の衆院解散に踏み切るとの見方を示したことに不快感を表明した。「解散はあくまで首相が判断する。他の者がいくら言っても関係ない」と強調した。

これに先立ち、藤村修官房長官も「解散を決めるのは首相だけだ。(政府内で解散時期の認識を)共有するような話ではない」と述べた。《共同通信》

【政府】竹島上陸中止、韓国側に申し入れ

藤村修官房長官は22日午後の記者会見で、韓国国会の国防委員会所属議員が23日に予定している島根県・竹島訪問に関し、在韓国日本大使館を通じて韓国外交通商省に中止を申し入れていることを明らかにした。「仮に上陸すれば誠に遺憾だ」と強調した。

同時に、申し入れに対する韓国側の反応は特にないとし、実際に上陸するかについては「分からない」と述べた。《共同通信》



10月22日 その日のできごと(何の日)