平成8681日目

2012/10/14

【この日の野田総理】

自衛隊観艦式

平成24年10月14日、野田総理は、相模湾で行われた平成24年度自衛隊観艦式に出席しました。

野田総理は、儀仗隊の栄誉礼を受けた後、訓辞を行い、海上自衛隊の各部隊を観閲しました。《首相官邸》

野田佳彦首相は14日、海上自衛隊観艦式の訓示で「安全保障環境はかつてなく厳しさを増し、領土や主権をめぐるさまざまな出来事が起きている。新たな時代を迎え、自衛隊の使命は重要性を増している」と強調し「諸君が一層奮励努力することを切に望む」と締めくくった。

「一層奮励努力」は、日本海海戦で掲げられたことで知られる「Z旗」で使われた表現。訓示では旧海軍兵学校の「五省」も読み上げた。沖縄県・尖閣諸島や島根県・竹島をめぐり中国、韓国との関係が悪化する中での、旧海軍を意識した首相の訓示は論議を呼びそうだ。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【第17回秋華賞】ジェンティルドンナ、牝馬3冠達成

3歳牝馬3冠レースの最終戦となる第17回秋華賞(G1)は14日、京都競馬場で行われ、春の桜花賞、オークスを制し、断然の1番人気となったジェンティルドンナ(岩田康誠騎乗)が2分0秒4で優勝、2010年のアパパネ以来、史上4頭目の牝馬3冠を達成した。重賞4連勝でG1は3勝目。

2着は鼻差で2番人気のヴィルシーナ、3着にはアロマティコが入った。《共同通信》

【F1・韓国GP】セバスチャン・フェテル選手が今季4勝目

自動車のF1シリーズ第16戦、韓国グランプリ(GP)は14日、霊岩で決勝を行い、レッドブル・ルノーのセバスチャン・フェテル(ドイツ)が3連勝で今季4勝目、通算25勝目を挙げた。第15戦日本GPで、自身初の表彰台となる3位に入ったザウバー・フェラーリの小林可夢偉はリタイアした。

2位にフェテルの同僚マーク・ウェバー(オーストラリア)、3位にフェラーリのフェルナンド・アロンソ(スペイン)が入った。総合優勝争いは、フェテルが215点でトップに立ち、アロンソが209点で2番手に後退した。《共同通信》

【尼崎連続変死事件】住宅の床下から2人の遺体

兵庫県尼崎市の貸倉庫で昨年11月、ドラム缶からコンクリート詰めになったA子さん=当時(66)=の遺体が見つかった事件に関連して、県警は14日、殺人容疑で家宅捜索していた同市内の住宅の床下から新たに2遺体を発見した。

県警によると、手作業で土を掘っていた捜査員がうつぶせの状態で埋められている遺体を見つけ、約2メートル離れた場所からも別の遺体を見つけた。近くから数センチほどの骨片も複数見つかり、県警は人骨かどうか鑑定している。

うつぶせの遺体は女性とみられ、両足の一部が白骨化し、死後1年以上たっているという。頭には白髪があった。《共同通信》

【共産党】衆院選で18議席目標

共産党は14日、第5回中央委員会総会を党本部で開いた。志位和夫委員長は次期衆院選に関し「解散時期は年内から年明け以降まで流動的だが、いつ解散・総選挙になっても必ず躍進を勝ち取れるよう全力を挙げる」と強調した。現在の9議席を倍増させ「18議席以上」を獲得する目標も表明する方向だ。

全300小選挙区に候補者を擁立し、比例代表で650万票以上の獲得を目指すとの方針をあらためて示し、選挙準備を加速するよう要請する。

昨年7月から集中的に取り組んできた党員拡大運動の成果を報告。反消費税増税と脱原発を政策の柱に掲げ、民主党と自民党の二大政党と対峙していく決意を示した。《共同通信》

【民主党・細野豪志政調会長】復興予算を被災地限定に

民主党の細野豪志政調会長は14日のフジテレビ番組で、東日本大震災の復興予算が復興と懸け離れた事業に流用されたとの指摘に関し、2013年度以降は使途を被災地に限定して予算計上すべきだとの考えを示した。

2030年代の原発ゼロを目指す野田政権の方針については「次期衆院選マニフェスト(政権公約)に明記することになる」と強調した。

復興予算に関しては「党内で議論が必要だが、これからは被災地以外に復興予算を使わない判断をしてもいい」と述べた。《共同通信》

【民主党・輿石東幹事長】法相問題「進退は本人が判断」

民主党の輿石東幹事長は14日のNHK番組で、暴力団関係者の仲人を務めたと認めた田中慶秋法相の進退に関し「政治家の出処進退は、本人が判断することが大原則だ」と述べた。同時に「内閣改造のたびにこの種の話が出て、国会の混乱を繰り返していいのか。まず事実関係を精査すべきだ」と強調した。

自民党の石破茂幹事長は同じ番組で「きちんとした説明が必要だ。最初から辞任ありきではないが、国会の場で考えを問いただす」と述べ、次期臨時国会で追及する考えを示した。《共同通信》



10月14日 その日のできごと(何の日)