平成8633日目

2012/08/27

【中国・北京】駐中国大使の公用車が襲われる

駐中国日本大使館によると、丹羽宇一郎駐中国大使が乗っていた公用車が27日午後、北京市内を移動中に何者かに走行を妨害され、車外に掲げていた日の丸を持ち去られた。大使は無事で公用車にも大きな損傷はない。

中国では尖閣諸島の問題を巡り、2週連続で各地で反日デモが起こった。今回の事件もそうした日本への反発が背景にあるとみられる。

日本大使館の調べでは、丹羽大使を乗せた公用車が襲われたのは、北京市内の大通りが渋滞し始めた午後4時(日本時間同5時)ごろ。後方から来る数台の車からパッシングを受け、真横に来ては幅寄せするなど、数分間にわたる走行妨害を受けた。

公用車も逃げたが、混雑し始めた道路上では逃げ切れず、少なくとも2台の車に前を阻まれ、強制的に停車させられたという。《日経新聞》




【AKB48・前田敦子さん】卒業公演

AKB48の前田敦子(21)の卒業公演が27日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われ、メンバーへ、そしてファンへあらためて別れを告げた。

916・38倍という過去最高の倍率を勝ち抜いた250人のファンに前田は「最高の思い出を作りましょう」と呼びかけ完全燃焼。公演はチームAメンバーを中心に行われたが、Wアンコールの後には大島優子(23)、柏木由紀(21)、渡辺麻友(18)ら他チーム所属の主要メンバーも登場し、前田がセンターの「フライングゲット」、「ポニーテールとシュシュ」、「Everyday、カチューシャ」のヒットメドレーを披露した。

AKB48の総監督で、結成当初から前田と苦楽をともにしてきた高橋みなみ(21)を皮切りに、第4回の総選挙上位12人がそれぞれ涙ながらに別れを告げると、前田は対照的に終始笑顔。思い出を振り返るメンバーを穏やかな表情で見つめ、時折ゆっくりとうなづきながら1人1人の言葉に耳を傾けた。

最後に改めてファンへのメッセージとして「わたしはこの劇場が大好きです。そしてこの劇場で一緒に踊ってくれたメンバー、そしてこうやって応援してくれた皆さんが大好きです。約7年間、長かったのか短かったのかわかりませんが、最高の7年間でした。皆さん本当にありがとうございました」と自身の足跡を改めて確認するかのように振り返り、深々と頭を下げた。《スポニチ》

【レッドソックス・松坂大輔投手】大リーグ通算50勝

米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔投手(31)が27日、今季初勝利(3敗)を挙げ、大リーグ通算50勝を達成した。日本選手では123勝の野茂英雄、53勝の黒田博樹、51勝の大家友和に次いで4人目。

先発登板したボストンでのロイヤルズ戦で7回5安打1失点(自責点0)と好投し、昨年5月8日のツインズ戦以来の勝利を挙げた。試合は5―1だった。

松坂はプロ野球西武から2007年にレッドソックスに移籍。2年目までに33勝を挙げたが、近年は故障に苦しみ、昨年6月に右肘を手術。ことし6月に復帰したが、首から肩に広がる右僧帽筋を痛めて戦列を離れていた。《共同通信》

【広島・石井琢朗内野手】引退表明

広島石井琢朗内野手(42)が27日、今季限りの引退を発表した。広島市内のマツダスタジアムで会見を開いた。

「今季限りで引退することを、この場を持ちましてご報告させていただきます。悔しい思いしかないです。みなさん、悔いはないと言いますが、悔いだらけだと思います。今、こういう会見をしていることが1番悔しいです」と語った。

今季から野手コーチを兼任し、7月9日に1軍登録を抹消されて以降は、コーチとして1軍に帯同していた。《日刊スポーツ》

【海上保安庁】香港の活動家による尖閣上陸のビデオ映像を公開

8月26日は何の日【海上保安庁】尖閣上陸のビデオ映像を公開

香港の活動家らによる沖縄県・尖閣諸島上陸事件で、海上保安庁は27日、当時撮影したビデオ映像の一部を報道陣に公開した。活動家が巡視船にれんがを投げ付ける場面もあったが、同庁は「職務を妨げられたと認識していない」などと、公務執行妨害罪を適用しなかった理由を説明した。

海上保安庁によると、第11管区海上保安本部(那覇)の職員が、巡視船や航空機から撮った約7時間の映像を約30分に編集。警備に支障がある部分はカットしたという。

映像は、抗議船が15日正午ごろに荒れた海を航行するシーンで始まり、領海侵入後は抗議船に放水したりする場面などが収録されている。

【野田佳彦首相】民主党代表選出馬を示唆

野田佳彦首相(民主党代表)は27日のNHK番組で、9月の民主党代表選に再選を目指して立候補する意向を示唆した。首相が代表選対応に言及するのは初めて。党内では首相と距離を置く議員らが首相の出馬を前提に対立候補擁立を模索しており、代表選に向けた動きが活発化しそうだ。

首相はこれまで代表選への出馬に関し「国会会期中で重要法案が残っている」として明言を避けてきた。この日は司会者から「明らかにすべきではないか」と問われ「想像はつくでしょう」と述べた。《共同通信》

8月27日/のできごと