平成8597日目

2012/07/22

【大相撲名古屋場所千秋楽】日馬富士関、初の全勝優勝

大相撲名古屋場所千秋楽は22日、愛知県体育館で行われた。29年ぶりの千秋楽全勝対決で大関日馬富士が横綱白鵬を寄り切り、6場所ぶり3度目の優勝を果たした。白鵬は2場所ぶり23度目の優勝と、歴代最多となる9度目の全勝優勝を逃した。横綱同士以外の千秋楽全勝決戦となったのは1場所15日制定着後で初めて。

大関対決は琴欧洲が稀勢の里を寄り切り、鶴竜は下手投げで琴奨菊を下した。稀勢の里と琴奨菊は10勝止まりで、琴欧洲と鶴竜は9勝目。大関把瑠都も9勝6敗。平幕の舛ノ山と魁聖が敢闘賞を受賞し、妙義龍は夏場所に続いて技能賞を獲得。《共同通信》



【北海道・根室沖】米軍F16戦闘機が墜落

22日午前11時半ごろ、北海道根室市沖の北東約870キロの太平洋上で、在日米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機1機が墜落した。海上保安庁によると、乗っていたパイロットは脱出して海に浮いている。米軍の航空機や海保の巡視船が救助に向かった。在日米軍三沢基地によると、F16は三沢基地から北米に飛行中だった。《共同通信》

【五輪日本選手団】ロンドン入り

五輪開幕まで5日となった22日、日本選手団本隊の選手、役員約120人がヒースロー空港に到着した。ロンドン東部の五輪公園にある選手村に入り、27日の開会式に参加する。

出発に先立ち成田空港での式典で、上村春樹団長は「日本が五輪に初参加して100周年の大会。チームジャパン一丸となり、国民に感動と元気を届けたい」と述べた。

柔道の女子で先陣を切る福見友子(了徳寺学園職)は「すごくわくわくした気持ち。金メダルを持って笑顔で帰ってきたい」と話した。男子のエース穴井隆将(天理大職)は「チームの雰囲気はすごくいい。自然体でやるだけ」と意気込んだ。《共同通信》



7月22日のできごと