平成8508日目

平成24年4月24日(火)

2012/04/24

【藤村修官房長官】大阪市・橋下市長らと会談

停止中の関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の再稼働問題を巡り、大阪市の橋下徹市長と大阪府の松井一郎知事が24日、藤村修官房長官と首相官邸で会談した。市長らは、原発から100キロ圏内の都道府県と電力会社が安全協定を結ぶ仕組みを作ることや、使用済み核燃料の最終処理体制の確立などを盛り込んだ8提言を藤村長官に示した。

会談に先立ち、藤村長官は記者会見で「今後自治体に様々、こちらから説明する」と述べ、再稼働に向け、原発の周辺にある自治体への説明を重視する考えを明らかにした。《日経新聞》



【日本列島】今年初の真夏日

日本列島は24日、東・西日本を中心に高気圧に覆われて気温がぐんぐん上昇。大分県日田市で最高気温30・5度、同県豊後大野市と高知県四万十市で30・0度と、全国で今年初めて最高気温30度以上の「真夏日」となった。

この日、盛岡市では平年より3日遅く桜(ソメイヨシノ)が開花。大型連休を前に、桜前線は東日本大震災の被災地の東北を北上している。

気象庁によると、最高気温が25度以上の「夏日」となった地点も多く、西日本は7月並みの陽気となった所もあった。西日本を中心に25日も気温が高くなりそう。向こう1週間も気温は平年並みか平年より高い日が多い予想となっている。《共同通信》

【京都大学】セクハラ講師を停職3カ月の懲戒処分

京都大は24日、農学研究科の30代の男性講師にセクハラ行為があったとして停職3カ月の懲戒処分とした。大学によると、講師は同じ研究室の女子学生に対し、複数回にわたり不適切な行為があったという。学生の訴えを受け大学で調査したところ、本人も大筋で認めたという。《毎日新聞》

【漫画家・土田世紀さん】死去

土田世紀氏(漫画家)24日午後、肝硬変のため滋賀県栗東市の自宅で死去した。43歳。秋田県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。

骨太のヒューマンドラマで知られ、代表作「同じ月を見ている」は99年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞し、映画化もされた。他の作品に、演歌歌手を目指す若者が主人公の「俺節」、マンガ雑誌の編集部を舞台に、テレビドラマにもなった「編集王」など。「週刊漫画ゴラク」に「かぞく」を連載中だった。《共同通信》



4月24日のできごと