2011 平成23年8月24日(水)のできごと(何の日)

平成8264日目

2011/08/24

【スティーブ・ジョブズ氏】アップルCEOを辞任

米電子機器大手アップルは24日、スティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)がCEOを辞任し、会長に退いたと発表した。後任CEOにはティム・クック最高執行責任者(COO)が就いた。ジョブズ氏は今年1月から病気療養に入っていた。

ジョブズ氏は24日、アップル関係者に宛てた手紙で「CEOとして責務と期待に応えられない日が来れば、皆さんに知らせると言ってきた」とした上で「残念だがその日が来た」と記した。

ジョブズ氏はアップルを1976年に共同創業。97年に経営トップに復帰してから、アップルを株式時価総額で世界最大のIT企業に育てた。《共同通信》




【ムーディーズ】日本国債を格下げ「首相交代が頻繁」

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは24日、日本国債の格付けを従来の「Aa2」から1段階引き下げ、最高位から4番目に当たる「Aa3」とした。理由は「過去5年間にわたり首相が頻繁に交代したことが、一貫した政策実行の妨げになっている」と説明した。

ムーディーズによる国債格下げは2002年5月以来、約9年3カ月ぶり。今年1月に先行して格下げを実施した米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)に続く引き下げとなった。日本は先進国中で最悪の財政状況が続いており、格下げにより国債発行に依存した財政運営は一層厳しさを増す。《共同通信》

【民主党・小沢一郎元代表】26日に支援候補を決定

民主党の小沢一郎元代表は24日、菅直人首相の後継を選ぶ代表選(27日告示・29日投開票)をめぐり、支援する候補を決めてグループ議員に結束対応を求める方向で最終調整に入った。側近議員は結論のタイミングに関し、早ければ告示直前の26日夜になるとの見方を示した。出馬表明した前原誠司前外相は小沢氏と会談して協力を要請するなど、各陣営で支持拡大の動きが活発化。党内最大勢力を擁する小沢氏の判断は代表選の行方に大きく影響しそうだ。

小沢氏は24日のグループ議員との会合で自主投票の可能性を否定し「残された時間の中で、これだという候補を見いだす決意がある」と明言した。《共同通信》

8月24日/のできごと

シェアする

フォローする