平成8215日目

2011/07/06

【韓国・平昌】2018年冬季オリンピック開催地に決定

国際オリンピック委員会(IOC)は6日、南アフリカのダーバンで総会を開き、2018年の第23回冬季五輪開催都市に、平昌(韓国)を選出した。韓国では初の冬季五輪で、1972年札幌、98年長野に続き、アジアでは3度目となる。《読売新聞》




【米・オバマ大統領】ツイッターで対話集会

オバマ米大統領は6日、短文投稿サイト「ツイッター」で国民から質問を募り、ホワイトハウスからインターネット中継を通じて口頭で回答する形式の対話集会を初めて開催、1時間余りにわたって景気や雇用の情勢について熱弁をふるった。

ホワイトハウスによると、集会の2時間前までに寄せられた質問などは6万件以上。来年の大統領選で再選を目指すオバマ氏は、人気のソーシャルメディアと対話集会を融合させて幅広い層へのアピールを狙った。

ツイッター社のジャック・ドーシー共同創設者兼会長(34)が司会を務め、文字制限と同じ140人の国民が会場に招かれた。《共同通信》

【玄海原発】停止長期化も

菅直人首相は6日午後の衆院予算委員会で、九州電力玄海原発2、3号機(佐賀県玄海町)の再稼働問題に関し「新たなルールを作って、あらためて国民が納得できる判断が出るよう指示している」と述べ、ストレステストの実施が再稼働判断の前提になるとの見解を表明した。玄海を含む定期検査などによる原発の運転停止が長期化する可能性が出てきた。

海江田万里経済産業相も、ストレステストの結果次第で定期点検を終えた原発の運転再開や、継続を認めない意向を表明した。《共同通信》

【菅直人首相】改めて続投に意欲

7月6日は何の日【菅直人首相】改めて続投に意欲
http://www.kantei.go.jp/

菅首相は6日の衆院予算委員会で、野党から相次いだ早期退陣要求に対し、続投への強い決意を改めて表明した。

みんなの党の渡辺代表は、「首相はまだ伝家の宝刀を持っている」と衆院解散の決断を迫ったが、首相はこれを逆手に、「大きな激励をいただいた。満身創痍、刀折れ、矢尽きるまで力の及ぶ限りやるべきことをやっていきたい」と応じた。《読売新聞》

7月6日/のできごと