平成8096日目

2011/03/09

【松本剛明氏】新外相に就任

Embed from Getty Images

菅直人首相は9日、外国人からの献金問題で辞任した前原誠司氏の後任外相に松本剛明外務副大臣を充てた。松本氏は皇居での認証式を経て同日夜、外相に正式就任。首相は前原氏辞任によるダメージを最小限にとどめ、求心力回復を目指す。《福井新聞》

広告




【宮城県北部】震度5弱

9日午前11時45分ごろ宮城県北部で震度5弱の地震があった。気象庁によると、震源地は牡鹿半島東沖約160キロで、震源の深さは8キロ、マグニチュード(M)7・3と推定される。その後も余震とみられる地震(最大震度3)が相次いだ。

気象庁は50センチ程度の津波が予想されるとして、青森県太平洋側、岩手県、宮城県、福島県に津波注意報を出した。岩手県・大船渡港で60センチ、宮城県石巻市で50センチの津波を観測。大船渡市は、沿岸の住民に避難勧告を出した。政府は、官邸危機管理センターに情報連絡室を設置した。警察庁によると、人的被害は確認されていない。《共同通信》

【スペースシャトル・ディスカバリー】最後の帰還

Embed from Getty Images

米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル「ディスカバリー」は9日午前11時57分(日本時間10日午前1時57分)、フロリダ州ケネディ宇宙センターに帰還し、最後の飛行を終えた。機体は近い将来、博物館に展示される予定だ。

ディスカバリーが滑走路で停止すると、スティーブ・リンゼイ船長は「ヒューストン、こちらディスカバリー。最終ミッション完了」と交信した。27年間という運用期間は3機の現役シャトルの中では最長で、飛行回数39回も最多。飛行距離はおよそ2億4100万キロで、宇宙には延べ365日間滞在した。残りのシャトル「エンデバー」と「アトランティス」も数か月以内に退役し、約30年間続いたシャトル計画は正式に幕を閉じる。《AFP》

3月9日/のできごと