2011 平成23年1月9日(日)のできごと(何の日)

平成8037日目

平成23年1月9日(日)

2011/01/09

【ラグビー・大畑大介選手】現役に終止符

ラグビーのトップリーグ最終節第1日は9日、ホームズスタジアム神戸で1試合を行い、ワイルドカードトーナメント進出を決めている神戸製鋼が61―7で豊田自動織機に快勝し、勝ち点を36に伸ばした。今季限りでの現役引退を表明している神戸製鋼のWTB大畑は右ひざを負傷。今季の残り試合の出場が絶望的となり、この試合が現役最後の一戦になったことを大畑自身が明らかにした。神戸製鋼は9トライを挙げて快勝。下部リーグへの降格が決まっている豊田自動織機は1勝12敗でシーズンを終えた。

今季限りでの現役引退を表明していたラグビー元日本代表でトップリーグの神戸製鋼に所属するWTBの大畑大介選手(35)が9日、神戸市のホームズスタジアム神戸で行われた豊田自動織機戦で右膝を負傷した。今季の残り試合の出場が絶望的で、本拠地での試合が現役最後の一戦となったことを自ら明らかにした。

大畑選手は試合後「普通に生活するのに2、3カ月かかる。復帰はもう無理。終わりました」と話した。マッチドクターに右の膝蓋腱を断裂していると診断された。10日に入院し、11日に手術をする予定。《スポニチ》




【NHK大河ドラマ・江〜姫たちの戦国〜】放送開始

【スキージャンプSTV杯】葛西紀明選手、2大会連続4度目の優勝

ノルディックスキー・ジャンプのSTV杯国際大会は9日、コンチネンタル杯を兼ねて札幌市大倉山(HS134メートル、K点120メートル)で行われ、1回目に最長不倒の134・5メートルを飛んだ38歳の葛西紀明(土屋ホーム)が2回目も131・5メートルをマークし、合計278・8点で2大会連続4度目の優勝を果たした。

葛西と同じ海外遠征帰りの伊東大貴(雪印)が132メートルをそろえて273・7点で2位。前日2勝した湯本史寿(東京美装)は238・6点で8位、船木和喜(フィット)は10位だった。

課題の踏み切りや着地は修正途上。それでも、調子を上げつつある葛西が貫禄を見せた。同じW杯遠征組の伊東の追い上げをかわして「連覇できてうれしく思う」と喜びをかみしめた。《スポニチ》

【静岡県警】子供二人を連れて無銭宿泊、男女逮捕

静岡県警浜松中央署は9日、家族で料金を払わずにホテルに泊まったとして、詐欺の疑いで住所不定、無職A容疑者(45)と内縁関係の女(33)を逮捕した。

同署は偽名でホテルを渡り歩き、無銭宿泊を繰り返していたとみて調べている。逮捕容疑は昨年12月21日から28日にかけ、浜松市のホテルに小学生の子ども2人と4人で宿泊、7泊分の代金など計約42万円を払わなかった疑い。《共同通信》

【菅直人首相】野田佳彦財務相と会談

菅直人首相(民主党代表)は9日午後、野田佳彦財務相を公邸に呼び、約45分間会談した。2011年度予算案や内閣改造・党役員人事などに関し意見交換したとみられる。内閣改造で仙谷由人官房長官を交代させた場合の後任についても協議した可能性がある。党役員人事では渡部恒三元衆院副議長に国対委員長を非公式に打診した。《共同通信》

1月9日のできごと

シェアする

フォローする