平成8026日目

2010/12/29

【菅直人首相】失業者らの年末対策「自治体と協力し、支援を」

菅直人首相は29日午後、公邸で細川律夫厚生労働相と会い、失業者や困窮者の年末対策に関し「生活の困難な人に自治体と協力してしっかり支援をしてほしい」と指示した。その上で「年末年始の状況にきちんと対応できるよう注視してほしい」と求めた。

細川氏は同日午後に視察したハローワークの様子を報告するため、公邸を訪れた。報告後、記者団に「生活に困った人が増えたら、自治体に協力を要請し、混乱のないように対応したい」と述べた。《産経新聞》



【和田アキ子さん】追突され軽傷

29日午後3時45ごろ、東京都渋谷区神南の区道交差点で、信号待ちをしていた歌手、和田アキ子さん(60)が乗った乗用車に、30代の男性が運転する乗用車が追突した。警視庁代々木署によると、和田さんは首などに軽傷を負ったとみられ、病院に搬送された。和田さんの車の男性運転手ら3人が腰などに痛みを訴えた。

同署によると、和田さんは乗用車の後部座席に座っており、大みそかの第61回紅白歌合戦のリハーサルのため、NHKに向かう途中だった。 和田さんは事故後、「首や腰が痛い」と訴えていたが、歩いてNHKに入り、救急車を呼んで病院に搬送された。《産経新聞》

【アスレチックス・松井秀喜外野手】帰国

米大リーグ、エンゼルスからフリーエージェント(FA)となってアスレチックスに入団した松井秀喜外野手(36)が29日、成田空港着の航空機で帰国し、「日本を満喫して、しっかり充電して来年に備えたい」と穏やかに話した。

ヤンキースからエンゼルスに移籍した今季は、打率2割7分4厘、21本塁打、84打点だった。松井は「期待されてチームに加わったこともあり、そういう意味では残念な1年だった」と悔しさをにじませた一方で、「気持ちは来年に向かっている。今は前向きな気持ち」とも口にした。

例年に比べ、膝など体の状態はいいという。今年に続いて心機一転、新天地でのスタートになるとあって「また期待されてチームに迎えられると思うので、自分の力を百パーセント出し切る」と表情を引き締めていた。《共同通信》



12月29日のできごと