平成8019日目

2010/12/22

【この日の菅直人総理】

月例経済報告等に関する関係閣僚会議

平成22年12月22日、菅総理は総理大臣官邸で、月例経済報告等に関する関係閣僚会議に出席しました。

12月の月例経済報告では、我が国経済の基調判断として、「景気は、このところ足踏み状態となっている。また、失業率が高水準にあるなど厳しい状況にある。」としています。

先行きについては、「当面は弱めの動きがみられるものの、海外経済の改善や各種の政策効果などを背景に、景気が持ち直していくことが期待される。一方、海外景気の下振れ懸念や為替レート・株価の変動などにより、景気がさらに下押しされるリスクが存在する。また、デフレの影響や、雇用情勢の悪化懸念が依然残っていることにも注意が必要である。」としています。

菅総理は、本日の議論を踏まえ、「7~9月については、実質GDP年率4.5%という高い成長を示しましたが、逆に言えば、その反動として、10~12月はマイナスにもなりかねない。いろいろな影響が出ていることはご承知の通りだと思います。それだけに、景気のしっかりとした下支え、底上げを目指した年末、年始にかけての経済運営が大変重要だと思っております。
その中で3段構えの経済対策ステップ1については、低炭素社会の実現に1000億円余を充てましたが、そのお金の5倍を超える投資を生み出しているという効果も各方面では出てきているわけです。しかし、こういう状況下ですので、できるだけ迅速に第2ステップの補正予算の前倒しの実施、第3ステップの来年度予算の成立に向けての努力を踏まえて、景気対応検討チームを設けて的確なタイミングの中でしっかりとやっていく体制を作ってまいりたいと思っております。」と述べました。《首相官邸》

記者ぶらさがり

菅直人総理(代表)は、22日夜首相官邸で西岡武夫参院議長が9ブロック制の参院選挙制度改革私案を提示したことへの記者の質問に、「1票の格差是正は避けられない。議長が一つの案を出されたのを踏まえ、各党各会派で議論し成案が得られること望む」と答えた。

また、最近、政治主導で顔が見えるようになったとの質問に、「国会が終了し、物事が具体的に動きだしたこともあるが、実行できたことを国民の皆さんに方法はいろいろだが、直接伝えていきたい」と答え、今後も直接訴えていくとの考えを示した。《民主党ニュース》



【海上保安庁】尖閣映像を流出させた保安官を停職処分

海上保安庁の鈴木久泰長官は22日、沖縄・尖閣諸島沖の衝突映像を流出させたとして、神戸海上保安部の一色正春海上保安官(43)を停職1年の懲戒処分にしたと発表した。一色保安官は処分後、辞職した。このほか、一色保安官の上司にあたる第5管区海上保安本部(神戸市)の本部長ら23人も訓告などの処分とした。馬淵澄夫国土交通相も大臣給与10分の1(1カ月)を自主返納する。《朝日新聞》

【この日の民主党】

小沢氏招致で自公に協力を要請

民主党の鉢呂吉雄国対委員長は22日、自民党の逢沢一郎、公明党の漆原良夫両国対委員長と都内で個別に会い、小沢一郎元代表の国会招致実現に向けた協力を要請した。しかし、証人喚問を最優先する両党との溝は埋められず、進展は図れなかった。《共同通信》

岡田幹事長、中村愛媛県知事の表敬訪問を受ける

岡田克也幹事長は22日午前、党本部で中村時広愛媛県知事の表敬訪問を受け、意見交換した。

中村氏は、11月28日に投開票された加戸前知事の退任に伴う愛媛県知事選挙で初当選。「松山市長としての3期12年間で『坂の上の雲』もドラマ化できたし、一つ仕事ができたのかなと充実感を持っている。今回その経験を活かせるかなとチャレンジさせていただいた。思いっきり頑張ります」と熱く決意を語る中村氏に、岡田幹事長は「四国全体を引っ張っていってほしい」とエールを送った。《民主党ニュース》

【仙谷由人官房長官】会見

仙谷由人官房長官は22日午前、首相官邸で会見し、72年の沖縄返還に至る日米間の交渉で、沖縄返還協定で日本政府が米国政府と合意した3億2000万ドルのほか、米軍施設改良移転費名目で6500万ドルを負担するとした米国側との密約を裏付ける資料が22日に開示された外交文書で明らかになったことに関して見解を問われ、コメントした。

「この種の文書を公開するということを岡田外務大臣の時代に決めたときに公開される資料はいちいち現政府としてコメントしない。歴史的な事実として、評価は皆さん方にお任せするという態度をということなので、私もそういう基本的な態度、スタイルを維持したい、習いたいと思う」との基本姿勢を改めて示した。

仙谷官房長官は午後の会見で、同日14時から開催された月例経済報告等に関する関係閣僚会議ならびにその後に開催された臨時閣議について報告。12月の月例報告では、景気の基調判断について先月と同様、「このところ足踏み状態」「失業率が高水準にあるなど厳しい状況」と判断したと述べた。《民主党ニュース》



12月22日のできごと