平成8003日目

2010/12/06

この日のできごと(何の日)

【この日の菅直人総理】

「内外ともに実り多いものだった」

菅直人総理(代表)は、6日夕首相官邸で3日に臨時国会が閉会したことを受けて記者会見し、「国内外ともに実り多いものだった」と述べた。その理由として、補正予算の成立によってジョブサポーターの倍増、妊婦検診が14回まで無料になったこと、レアアース探索への資金投入など、先に決定・実施した予備費を活用した緊急対策、さらには本予算と合わせ、雇用確保と経済成長に向けて進むことができることを挙げた。

また、外交では、APECで横浜宣言を採択したこと、ベトナムを公式訪問し、原子力発電所建設の受注、また、レアアースの共同開発で合意したことを挙げた。

さらに、貿易の自由化と農業の再生を両立させる方針を確定し、「食と農林漁業の再生実現会議」も設置し、 その一環として4日に千葉の農家を訪問し、野菜を単に作るだけでなく、カット、容器詰めまで行うことで1次産業の6次産業化に成功している若手90人の農家と意見交換したことも披歴した。

今後の内閣の方針について、「まずは予算編成。いま7合目から8合目で大きな課題を決める段階。基礎年金の国庫負担分、子ども手当の増額、一括交付金、法人税を私自身の責任で決めていく。基礎年金の国庫負担については50%維持で予算を編成する」と予算編成を最優先するとした。

また、政権運営について、「政策をしっかり実行できる態勢に強化しなければならない」として、社民党との労働者派遣法の改正案の成立への協力強化、連立を組んでいる国民新党との戦略的関係強化を列挙し、政権運営に全力を挙げるとした。

さらに、「総理は重い立場で、発言は慎重に言葉を選んできた。そのことが元気がないと見られてきた。これからは直接国民に自分の意見を訴えていきたい」と冒頭の発言を締めくくった。

何をしたい内閣なのか伝わらないとの質問に答え、「指摘されたことだけの対応に汲々としているわけではない。アメリカとのオープンスカイ、観光客を増やすためのビザ発行条件の緩和などに取り組んできた」とした。そのうえで、「この20年間日本は低迷してきた。このままでは衰退する。いまは分水嶺。そのために所信表明で5つの課題を挙げ、先送 りせずに解決に向け取り組むことを訴えた」と答え、改めて、経済成長、財政再建、社会保障制度の改革、地域主権改革、国民が自分のものと考える外交の実現の5つの重要課題に取り組むと表明した。《民主党ニュース》

社民党に閣外協力を要請

菅直人首相(民主党代表)は6日、社民党の福島瑞穂党首と官邸で会談し、編成作業が本格化している2011年度予算案に関して、両党幹部による政策協議を開始することで合意した。《共同通信》

菅直人代表(総理)は6日午前、首相官邸で社民党の福島党首と党首会談を行った。

会談には民主党側から岡田克也幹事長、輿石東参院議員会長、鉢呂吉雄国対委員長が、政府側から仙谷由人官房長官、玄葉光一郎国家戦略担当大臣(党政調会長)が同席した。

会談後に岡田幹事長が記者団に、正式には鳩山政権時に政権離脱をされて以来の党首会談だったとの認識を示すとともに、「あのときは普天間の問題で政権離脱することになったのだが、内政面では基本的に両党間に大きな違いはないし、3党合意で確認された政策について両党間で意見の違いがあるわけではないので、そういったことをこれからも連絡をよくしてしっかりやっていこうということを確認した」と語った。

同時に、幹事長レベル、あるいは政調会長レベルでの協議もしっかりと行っていくことになるとした。《民主党ニュース》



【 Jリーグ最優秀選手】名古屋・楢崎正剛選手

Jリーグは6日、東京都内で年間表彰式「Jリーグ・アウオーズ」を開き、最優秀選手賞は名古屋のJ1初優勝に貢献した楢崎正剛(34)がGKとして初受賞した。昨季までの新人王から名称などを変更したベストヤングプレーヤー賞には2位G大阪の18歳、宇佐美貴史が輝いた。

ベストイレブンはG大阪の遠藤保仁(30)が8年連続8度目となり、自らの最多記録を更新。名古屋からは楢崎、7年連続のDF田中マルクス闘莉王(29)ら最多の5人を選出した。得点王(17得点)は磐田の前田遼一(29)と名古屋のケネディ(28)で、前田は史上初の2年連続受賞。

最優秀監督賞は名古屋のストイコビッチ監督(45)が初受賞。最優秀主審賞は西村雄一氏(38)が2度目、最優秀副審賞は相楽亨氏(34)が3度目の受賞。最優秀育成クラブ賞は2部(J2)に降格したFC東京が選ばれた。《スポニチ》

【民主党・小沢一郎元代表】復権に意欲

民主党の小沢一郎元代表は6日夜、都内で開かれた支持者らとの会合で、中国の故鄧小平氏の伝記を読んでいると紹介し「鄧氏は私と同じ68歳の時、文化大革命で地方に飛ばされていた。それに比べれば今の自分はまだましだ」と、復権に意欲を示した。

これに先立ち党所属議員のパーティーに祝電を寄せ、菅政権の現状を「厳しい風が吹きすさび、強い雨が降っている」と指摘。「政治家は傘が吹き飛ばされ、物が飛んで来ようとも、一歩一歩、地を踏みしめて前進しなければならない」と、民主党政権維持への努力を訴えた。

パーティーには鳩山由紀夫前首相が出席。「政権交代を果たし、一時は素晴らしい青空になっていくぞという天気になったが、今は視界不良だ。どのように変えていくかが問われる」と語った。

【鈴木宗男元議員】収監

受託収賄など4つの罪で懲役2年、追徴金1100万円の実刑判決が確定した新党大地代表、鈴木宗男・前衆院議員(62)は6日午後、収監手続きに入るため、東京・霞が関の東京高検に出頭した。

同日午後1時ごろに出頭した鈴木前議員は「真実、事実が明らかにならなかったことは、悔しく残念だが、法治国家なので、決められたルールに従う」と話した。

鈴木前議員は同日、いったん東京拘置所に送られた後、収監先の刑務所が決められる。服役期間は、捜査段階や公判中の勾留期間の220日が除かれ、1年5カ月程度となる見通し。公職選挙法により、刑期終了後5年間は立候補できない。

最高裁は今年9月、鈴木前議員の上告を退け、異議申し立ても棄却。懲役2年、追徴金1100万円とした一、二審判決が確定、衆院議員を失職した。

鈴木前議員は10月に食道がんの手術を受けたため、収監手続きが遅れていた。《日経新聞》



12月6日 その日のできごと(何の日)