平成7991日目

2010/11/24

【この日の菅直人総理】

ファイヤード・パレスチナ自治政府首相との会談

平成22年11月24日、菅総理は総理大臣官邸で、パレスチナ自治政府のサラーム・ファイヤード首相と会談を行いました。《首相官邸》

記者ぶらさがり

菅直人総理は、24日夜官邸で記者団の韓国が国連安全保障理事会に北朝鮮の問題を提案しようとしていることへの質問に、北朝鮮の韓国への砲撃は、許し難い蛮行であるとしたうえで、「韓国政府の立場を支持するのが我々の立場」と答えた。

また、朝鮮人学校への授業料無償化手続きに関して、「私の方から、プロセスを停止してほしいと指示した」と答えた。

さらに、中国への働きかけについて、「中国は大きな存在。大きな責任を持っている。今回の件は、北自らがやったと認めているので、北朝鮮に対して国際社会に責任を持つ立場としてしっかりした対応をすべき」と答え、中国に対して国際社会と連携し、北朝鮮に影響力を及ぼすことへの期待を表明した。《民主党ニュース》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【韓国・延坪島】砲撃で民間人2人も犠牲に

北朝鮮による韓国・延坪島砲撃(23日)で、韓国海洋警察当局は24日、同島で工事現場の作業員とみられる民間人男性2人の遺体を発見した。韓国軍兵士2人を含め、死者は計4人となった。

菅直人首相は24日、韓国の李明博大統領と電話会談し「国連の場を含め国際社会が一致して対応することが重要」と述べ、緊密な連携を取ることを確認。オバマ米大統領も李大統領と電話会談し米韓合同軍事演習を実施し「同盟の強固さを強調する」ことで合意した。《共同通信》

【仙谷由人官房長官】会見

仙谷由人官房長官は24日午前、閣議後に官邸内で定例会見を行い、北朝鮮による砲撃事件対策本部を設置したと報告した。

仙谷官房長官はまず、閣議の冒頭、菅直人総理(代表)から3日に発生した韓国・延坪島に対する北朝鮮による攻撃事件について発言があったと報告。具体的には、「北朝鮮の今回の砲撃事件について非難、韓国を支持する」として、今後とも日韓連携を緊密強化し今回の事態に対応、(1)北朝鮮の今後の動向等に関し情報収集に努める、(2)韓米と緊密に連携し対応する、(3)不測の事態に備えるなど国民の安全安心の確保に万全を期す――との関係閣僚に対する指示を改めて共有化、23日の関係閣僚会合に至る経緯を説明したと明かした。加えて、仙谷官房長官が23日に発表した「国民の皆さんへの冷静な対応を呼びかける」という文を総理から改めて申し上げ、関係閣僚会合での議論、決定事項を共有化したと述べた。

これに関連し、同日、総理を本部長、全閣僚をメンバーとする北朝鮮による砲撃事件対策本部を設置したと報告。11時より第一回会合を開催し、これまでの情勢認識の共有を図るとともに今後の対応について検討するとした。《民主党ニュース》

【民主党・岡田克也幹事長】民主政権「できれば8年くらい」

民主党の岡田克也幹事長は24日、共同通信加盟社論説研究会で講演し、衆参両院で半数を占める政党が異なる「ねじれ国会」のもとでの国会運営に関連し、「われわれもいつまでも与党ではない。できれば8年ぐらい(与党でありたい)と思うが選挙の結果次第だ。お互いが与党、野党になるという前提で国会のあり方についてより真剣に議論すべきだ」と述べた。

また、野党が求めている小沢一郎元代表の国会招致については「自身の判断で国会に出てきてくれるはずだ」と述べるにとどめ、衆院政治倫理審査会への小沢氏の自発的出席に期待感を示した。

岡田執行部が決定した民主党の企業団体献金の一部再開がマニフェスト(政権公約)違反だと批判を受けていることには「非常に不本意だ。大悪人のように言われて非常に迷惑だ。正しく伝えてほしい」と反論した。《産経新聞》



11月24日 その日のできごと(何の日)