平成7978日目

2010/11/11

【この日の菅直人総理】

G20ソウル・サミット出席-1日目-

平成22年11月11日(現地時間)、菅総理はG20ソウル・サミットに出席するため、大韓民国のソウルを訪問しました。

菅総理は、G20ビジネス・サミットの「貿易・投資」に関するラウンドテーブルに出席し、ビジネス界の出席者とともに「貿易の再活性化」をテーマに意見交換を行いました。

その後、日本労働組合総連合会(連合)の古賀伸明会長及び各国G20労働組合サミット参加者と会談を行いました。

夜には、国立中央博物館で開催された歓迎レセプションに参加し、続いて、ワーキングディナーに出席しました。

その後、トルコ共和国のレジェップ・タイップ・エルドアン首相と会談を行いました。《首相官邸》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【野党】尖閣映像流出で強硬姿勢

野党は11日、中国漁船衝突事件の映像を海上保安官が流出させた問題で、海上保安庁を所管する馬淵国土交通相の引責辞任を求める姿勢を強めた。これに対し、政府・与党は閣僚に責任が及ばないよう、「理論武装」に躍起になっている。

自民党は11日朝、都内のホテルで幹部が協議し、馬淵氏らの責任を追及することを確認した。小池総務会長は党の部会で、「国交相は自ら辞任すべきだ」と述べた。また、公明党の山口代表は記者団に、「(閣僚ら)政治職がきちんと責任を担う必要がある」と語った。新党改革の舛添代表も記者会見で、「国交相の責任は免れず、辞任を要求したい」と強調した。

野党は、神戸海上保安部の主任航海士が映像の投稿を打ち明けた一報が、馬淵氏から菅首相や仙谷官房長官に伝わるのが遅れたことを突破口に、馬淵氏を追及する構えだ。

馬淵氏は11日の参院国土交通委員会で、海上保安庁から一報を受けた時刻を「9時40分頃」とし、首相官邸に秘書官を通じて報告したのは、事情聴取が始まった「昼休みに入ってから」と述べた。この時間差について、馬淵氏は「(一報は)捜査中の1次情報で、無用な混乱を与える理由もあった(ので報告しなかった)。昼休みに入り、捜査機関による事情聴取が始まったとの情報は官邸に上げた」と説明した。

自民党の谷垣総裁は11日の記者会見で、「厳しく糾弾していかなければいけない」と批判し、菅内閣の危機管理体制などを追及する考えを示した。

【自民党・丸山和也参院議員】仙谷長官を告訴へ

自民党の丸山和也参院議員は11日、中国漁船衝突事件をめぐり、仙谷由人官房長官が丸山氏の社会的評価を下げるような発言をして侮辱されたとして今月中にも告訴する意向を明らかにした。

丸山氏は民事でも訴える意向で、参院法務委員会で「法的に粛々と手続きを進めたい」と強調した。法務省の西川克行刑事局長は委員会で、一般論とした上で、告訴がなされた場合「要件を満たしているかを確認し、適切に対処する」と答弁した。

丸山氏は10月18日の決算委員会で、中国漁船の船長を起訴すれば「アジア太平洋経済協力会議(APEC)が吹っ飛んでしまう」と仙谷氏が丸山氏との電話で述べたと暴露。これに対し仙谷氏は「丸山氏が暴露したような会話をした記憶はない」と否定。その後の記者会見でも「こういういいかげんな人のいいかげんな発言については、私はまったく関与するつもりはない」と強い不快感を示した。

丸山氏は共同通信の取材に「私の社会的評価を下げるような発言をマスコミの前でしたことは許されない」と話している。《共同通信》

【宮城県警】女子高生に「下着売れ」41歳小学校教諭逮捕

女子高生から下着を脅し取ろうとしたとして、宮城県警大河原署は11日、同県大河原町町、小学校教諭A容疑者(41)を恐喝未遂の疑いで逮捕した。

発表によると、A容疑者は10月13日午後9時20分頃、同町内の路上で、自転車で帰宅途中の女子高校生(17)に「下着を売ってくれ」と言いながら、カッターナイフを見せて下着を脅し取ろうとした疑い。女子高生はすぐに逃げて無事だった。近くで同様の被害が数件あることから、同署で関連を調べている。《読売新聞》



11月11日 その日のできごと(何の日)