平成7907日目

2010/09/01

【民主党代表選】告示

民主党代表選は1日、告示され、再選を目指す菅直人首相(63)と、小沢一郎前幹事長(68)が代理人を通じ立候補を届け出て前面対決の構図が確定した。鳩山由紀夫前首相グループは小沢氏を支持する。

届け出後、首相と小沢氏は都内のホテルで共同記者会見し、14日の投開票に向けた論争が始まった。

小沢氏が、参院選で首相が掲げた消費税率引き上げを批判したのに対し、首相は小沢氏が再検討するとした米軍普天間飛行場移設問題で強くけん制するなど衆院選マニフェスト(政権公約)に盛られた主要政策をめぐる激しい応酬となった。《共同通信》

東京都内で1日午後、民主党代表選挙の候補者による共同記者会見が開かれ、小沢一郎、菅直人両候補は、民主党代表、すなわち国政を預る責任者として日本社会をどう建て直していくか、それぞれ決意を表明。代表選挙では正々堂々と政策論争を行うとして政見を述べるとともに、選挙後は国民の期待に沿えるよう一致団結していくと誓った。

共同記者会見ではまず、司会を務める小平忠正中央選管委員長が挨拶し、「国民の皆さんに決意と政見をアピールしていただく」とその趣旨を説明。それぞれ5分間のスピーチを行うとして、その後の記者団からの質問では公平公正を期す観点から両候補者に共通質問をするようにと求めた。

記者団からは、統一質問として(1)代表選挙の争点について、(2)マニフェストの修正について、特に消費税についての見解、(3)代表選挙後の対応について――の3項目の他、財源問題、普天間飛行場移設問題、政治とカネなどの質問が上がった。《民主党ニュース》



【花田勝治さん】死去

元横綱・初代若乃花で、日本相撲協会元理事長の花田勝治氏が1日午後5時25分、腎細胞がんのため東京都内の病院で死去した。82歳だった。現役時代は栃錦と「栃若時代」を築き戦後の相撲人気の火付け役となった。

引退後も二子山親方として2横綱2大関ら多くの関取を育てた。最近は体調を崩し入退院を繰り返していた。歴代横綱では第15代の初代・梅ケ谷の83歳に次ぐ長寿だった。

【この日の菅直人総理】

平成22年度総合防災訓練

「防災の日」の9月1日、菅総理を始めとする全閣僚が参加して、平成22年度総合防災訓練を行いました。

今年度は、東海地震・東南海地震・南海地震が突発的に同時に発生した場合を想定し、午前7時頃、和歌山県南方沖を震源とするマグニチュード8.7、最大震度7の地震が関東から九州にかけての極めて広範囲で発生した想定で行われました。

総理大臣官邸での地震災害応急対策の実施体制の確保等を図る政府本部運営訓練では、緊急災害対策本部会議を開いた後、内閣総理大臣記者会見において菅総理は、緊急災害対策本部の設置、政府の対処方針の発表、国民への呼びかけを行いました。

続いて、東海地震を想定して行われた静岡県・伊東市総合防災訓練会場に、政府調査団として自衛隊機で会場入りし、土のう作成、簡易タンカによる患者搬送等の訓練を視察しました。

訓練後の閉会式で菅総理は「この防災の中で最も重要なことは、人間と人間の助け合い、まさにそこにあると思います。政府としても、全国、特にこの東海地方の地震というものは大変心配されている中で、皆さんとともに、備えあれば憂いなしとしっかり自信をもって言えるよう頑張って参りたい。」とあいさつを行いました。《首相官邸》

日本・スペイン首脳会談

平成22年9月1日、菅総理は総理大臣官邸で、スペインのホセ・ルイス・ロドリゲス・サバテロ首相と会談を行いました。

会談後、「日スペイン社会保障協定の発効に関する交換公文」と「日スペイン科学技術協力協定」署名式に立ち会い、続いて、共同記者発表を行いました。《首相官邸》

日本・スペイン首脳会談、署名式及び共同記者発表-平成22年9月1日|政府インターネットテレビ

政府インターネットテレビの動画です。




9月1日のできごと