平成3647日目

1999/01/02

【第75回東京箱根間往復大学駅伝】第1日

第75回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、関東の15校が参加して東京・大手町から箱根・芦ノ湖駐車場までの往路5区間、107.2キロで行われ、駒大が5時間32分23秒で初の往路優勝を果たした。

駒大は4区でエース藤田が区間新の力走。中継点では2分20秒の差があった順大を15.5キロ地点で逆転し、1分6秒差で5区につないだ。山登りを任された1年生の神屋も区間2位と踏ん張り、2位順大に1分50秒差をつけた。予選から出場の東海大が3位。3連覇を狙う神奈川大は1位に8分6秒差の6位。山梨学院大もエース古田の不調が響き駒大に11分2秒差の8位と出遅れた。3日目の復路は往路上位校から第1日のタイム差によって時差スタートし、5区間109・2キロで総合優勝を争う。最終10区は日本橋を経由する新コースで行われる。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【全国高校サッカー選手権】第2日

サッカーの全国高校選手権第2日は2日、首都圏の8会場で2回戦16試合が行われた。石川代表の桜丘は連覇を狙う東福岡(福岡)と対戦、粘り強い守りを見せたが、後半25分にアジア大会代表の金古にゴールを奪われ、0−1で惜敗した。東福岡のほか、過去6度優勝の帝京(東京A)、5年ぶり4度目の優勝を狙う清水商(静岡)が順当に3回戦に進んだ。また、佐野日大(栃木)の荒木がハットトリックを記録した。第3日の3日は3回戦8試合が行われる。《北國新聞》

【新年一般参賀】

天皇、皇后両陛下や皇族方が国民から新年の祝賀を受ける恒例の新年一般参賀が2日、穏やかな快晴の下、皇居・宮殿の東庭で行われ、約6万4000人(皇宮警察本部調べ)が訪れた。

天皇陛下は皇后さま、皇太子、秋篠宮ご夫妻や紀子さまら皇族方とともに午前中3回、午後4回の計7回にわたって東庭に面した宮殿「長和殿」のベランダに立たれた。陛下は参賀者を前にマイクを通じ「年頭に当たり、わが国と世界の人々の幸せを祈ります」とあいさつした。

それぞれモーニングコート、ロングドレス姿の両陛下らがベランダに姿を見せ、にこやかに手を振ると、二重橋を通って集まった参賀者から大きな歓声がわいた。午前の1、2回目は常陸宮、三笠宮、高円宮各ご夫妻も出席された。

宮内庁は今年から、混雑による混乱を避けるため、両陛下らがベランダに立つ時間を事前に公表した。《共同通信》

【欧州】小売業界もユーロ表示

腕時計295.000マルクまたは150.83ユーロ…。百貨店やスーパーなどの小売業界では2日から実質的に「ユーロ時代」がスタート。商品の価格をユーロと自国通貨の二重表示にするところが増えている。

しかし、消費者側はユーロ価格にまだ戸惑い気味で、小切手やクレジットカードで支払う場合も自国通貨を選ぶケースが多い。

「ユーロ圏の首都」を目指しているドイツ・フランクフルトの大手百貨店は、現金払いではない場合、店員が「お支払いはユーロ、それともマルク?」と尋ねているが、大半の顧客は「マルク」と答えている。

ユーロが紙幣や硬貨の現金として流通するのは2002年1月。それまでは金融機関や企業の帳簿上の通貨として活用されるが、小売業界ではユーロの浸透を促進するため、積極的に価格の二重表示を採用。クレジットカードや小切手の場合はユーロでの支払いを受け入れるところが少なくない。

価格面では1ユーロ=1.95583マルクのように交換レートが接近している国はまだいいが、1ユーロ=166.386ペセタのスペインや1ユーロ=1936.27リラのイタリアのようにけたの違う国はユーロ価格に慣れるのが大変で、消費者の間で混乱が生ずる可能性もある。《共同通信》

【アンゴラ】国連機が墜落

アンゴラに駐留する国連アンゴラ族視団(MONUA)の当局者は2日、中部のウアンボを飛び立った国連の輸送機(C−130)が反政府勢力のアンゴラ全面独立民族同盟(UNITA)によって撃墜されたと語った。輸送機には、アンゴラ人4人、フィリピン人2人、米国人、ナミビア人各1人の計8人が乗っていた。8人の安否は不明。

アンゴラでは先月26日にも国連関係者ら14人が乗った国連の輸送機が墜落したばかり。

輸送機はウアンボの空港から離陸して約20分後に対空砲火による攻撃を受け、引き返そうとしたが、ウアンボ郊外約80キロの地点に墜落したという。動機の目的地は北西約500キロの首都ルアンダだった。

ウアンボ近郊では政府軍とUNITAの戦闘が続いており、一部はUNITAの支配地域。国連機襲撃に関してUNITAのコメントは出ていない。《共同通信》



1月2日 その日のできごと(何の日)