平成7900日目

2010/08/25

【この日の菅直人総理】

経済3団体との懇談

平成22年8月25日、菅総理は総理大臣官邸で、日本経済団体連合会の米倉弘昌会長、日本商工会議所の岡村正会頭、経済同友会の桜井正光代表幹事と懇談を行いました。《首相官邸》

菅直人総理(代表)は25日、首相官邸で記者の質問に答え、円高・株安への対応に関して、「今日も経済3団体からいろいろと経済政策についてご意見・要望を聞いた」としたうえで、経済対策については検討を急ぐ考えを改めて表明した。

また、補正予算を組む可能性はあるか問われたのに対しては、「いろんな可能性について検討を急ぎたい」と語り、具体的な経済対策の提示は「検討を急がせているので、そんなに遠い先ではなく、いろんな様子を見ながら急いでまとめていきたい」と述べた。《民主党ニュース》



【石川県警】書店で下半身を露出、51歳金沢市課長補佐を逮捕

金沢西署は25日、書店で下半身を露出したとして公然わいせつの疑いで、金沢市資産税課の担当課長補佐(51)を逮捕した。「たまっていたストレスを解消したかった」と容疑を認めているという。逮捕容疑は21日午後0時半ごろ、金沢市の大型書店でレンタルDVDを借りる際、30代の女性店員の前で陰部を露出した疑い。容疑者は21日は土曜日で休みだった。《スポニチ》

【エンゼルス・松井秀喜外野手】日米通算2472安打

エンゼルス12-3レイズ◇25日(日本時間26日)◇エンゼルスタジアム

エンゼルス松井秀喜外野手(36)が「長嶋超え」を果たした。1点を追う1回1死満塁で右翼線に走者一掃の二塁打。日米通算2472安打とし、巨人長嶋終身名誉監督の記録を抜いた。

「監督の安打数と比べることは全然ないですけど、僕が打って少しでも喜んでくださればうれしい」。

その後も2四球と内野安打で全打席出塁。大勝の立役者となった。今季自己最長を更新する10試合連続安打。リーギンスGMは「彼のパワーと安定感は我々がまさに必要とするもの」とほめちぎった。《日刊スポーツ》

【野田聖子元郵政相】体外受精での妊娠が明らかに

自民党の野田聖子元郵政相(49)が第三者提供の卵子で体外受精し、妊娠したことが25日分かった。26日発売の「週刊新潮」への手記で明らかにした。現在15週目で、来年2月中旬に出産予定。出産時は50歳になっている。事実婚の関係にある飲食店経営者の精子との受精卵を子宮に移植し妊娠した。《共同通信》

【仙谷由人官房長官】会見

25日午前、仙谷由人官房長官は定例記者会見にて、同日昼、菅直人総理と野田佳彦財務大臣が為替レートの問題について昼食を共にしながら、分析と今後の対応について対応を協議することを明らかにした。

また、仙谷長官は「財務大臣とも適宜連絡を取っており、朝もマーケットが開く前に総理とも今日の段階での見守り方の話をした」ことを報告した。そのうえで「かねてから申し上げている通り、ヨーロッパもアメリカも、実体経済に対する不安心理が、ユーロ安、ドル安という形で、結果として 円高傾向に振れている。ここ投機筋がのってきて、過度の変動や無秩序の動きをするとなると、これは実体経済、あるいは日本の金融の安定に対しても 大きな影響を、それもマイナスの影響を与えると思うので、十二分に注意を払って見ていく必要がある」とした。《民主党ニュース》

【民主党・小沢一郎前幹事長】「米国人は好きだが単細胞なところがある」

「米国はなんでそんなに単純なのか。米国人は好きだが単細胞なところがある」。民主党の小沢一郎前幹事長は25日午前の自らが主宰する「小沢一郎政治塾」での講演で、自身の米国観についてこう語った。

発言は映画「戦場にかける橋」に登場する規律正しい英国軍人と対比する文脈で出た。小沢氏はオバマ大統領についても「黒人大統領なんかあり得ないと思っていた米国で黒人大統領が誕生した。黒人が出たら必ず暗殺されるとのうわさもあるが、変化を強調したオバマを彼らは選んだ」と発言した。

同時に「米国人を利口とは思っていない」としたうえで「そういった意味の民主主義や、危機にあたっての国民の選択がきちんと実行されることについては非常に高く評価している」との認識も示した。《日経新聞》



8月25日のできごと