平成7891日目

2010/08/16

【この日の菅直人総理】

東国原宮崎県知事の表敬

平成22年8月16日、菅総理は総理大臣官邸で、宮崎県の東国原英夫知事による表敬を受けました。《首相官邸》

東国原宮崎県知事の表敬-平成22年8月16日|政府インターネットテレビ

政府インターネットテレビの動画です。

記者ぶらさがり

菅直人総理(代表)は16日夕、首相官邸で記者団から今後の政権運営の展望について質問を受け、「昨年に2大政党による政権交代ができたわけだが、本当にこの政権交代が国民にとって良い政治をもたらすのか、互いが足を引っ張り合い、政治の機能を果たせなくなるのか、まさに歴史に問われた場面ではないか」と現状認識を示したうえで、「与党・野党越えて議会制民主主義の中での政党政治が機能できるのかどうかが問われているという意識でこれからの政権運営にあたっていきたい」と抱負を語った。

また、具体的テーマとして菅総理(代表)は、「新卒者を含めた若者の雇用の問題など、現場を見て回り、そこから見えてくるものを政策に反映させていきたい」と説明した。

次に同日内閣府が発表した4~6月のGDP(国内総生産)の伸び率が0.1%増となったことに対する認識を問われ、為替の問題含めて注意深く動向を見守るとしたうえで、荒井聰経済財政担当大臣、野田佳彦財務大臣、直嶋正行経済産業大臣など関係閣僚から、近々、それぞれの立場で日本経済の状態の報告を受け、対応を考えていくことを明らかにした。

続いて同日、鳩山由紀夫前総理が地球温暖化対策で訪中し、温家宝中国首相と会談することに対して菅総理(代表)は、「環境問題を通して幅広く日中関係の進展にこれからも大いに頑張って頂きたいと期待している」とエールを送った。

さらに同日、東国原英夫宮崎県知事と会談し、口蹄疫に対する復興対策として財政支援を求められたことに対して、「もともと特措法ができていて基金の創設なども盛り込まれている。今週末には閣議で話をしたいと知事にも申し上げた」と述べ、進展状況を把握しながら対応していく考えを明らかにした。《民主党ニュース》



【ゴルフ・宮里藍選手】世界ランキング2位に

女子ゴルフの16日付の最新世界ランキングが発表され、宮里藍は前週から一つ順位を上げて2位となった。前週2位だったクリスティ・カー(米国)が1位に浮上し、申ジエ(韓国)は3位に後退した。

横峯さくらは16位のままで、有村智恵は一つ上げて19位。不動裕理は25位、諸見里しのぶは27位で変動がなく、上田桃子は前週32位から34位へ後退した。《共同通信》

【鳩山由紀夫前首相】中国を訪問

鳩山由紀夫前首相が元気だ。今期での引退を表明した6月の辞任直後は沈黙を守っていたものの参院選を経て活動を再開し、引退を翻意したような発言も。側近も引き連れた16日からの訪中は存在感誇示にも映る。

「周辺の空港はいつごろ整備されるのか」鳩山氏は16日、北京市南東約200キロの河北省唐山市を訪れ、環境を重視した工業都市づくりを視察。地元関係者の開発状況の説明を熱心に聞き入った。

今回は「日中環境協力推進議員懇談会」会長の立場だが、17日には「考え得る最高の待遇」(同行筋)で中国側ナンバー2、温家宝首相との会談を予定。最側近の中山義活前首相補佐官らが同行しているほか、代表選再出馬の可能性が残る樽床伸二国対委員長も途中から合流するなど、情報発信の舞台を整えた格好だ。《共同通信》



8月16日のできごと