平成7639日目

平成21年12月7日(月)

2009/12/07

【鳩山由紀夫首相】普天間問題「最終方針決めるとき」

鳩山由紀夫首相は7日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、「政府としての考え方を、最終的にどういう風に米国に対して申し上げるかを決めるときが来たと思っている」と語り、米政府に対し近く日本政府としての最終方針を伝える考えを示した。首相公邸で記者団に語った。

首相は今月3日、決着時期に関し、「年内に決めなければいけないという議論をしているわけではない」と語っていた。岡田克也外相に対しても、米側に年内決着が困難になった事情を説明するよう指示しており、結論先送りに対する米政府の強い反発を踏まえ、年内に結論を出すことも視野に入れる方針に再び転じた可能性がある。

だが、移設先を同県名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部とする現行計画通り決着させる可能性に関し、首相は「米国からそういう要求は来ている。ただ、連立政権でもあるし、沖縄の皆さんの期待感もあり、そう簡単ではない」と語り、社民党が県外や国外移設を主張している事情から依然、困難な情勢にあるとの認識を示した。

首相は6日、公邸で岡田氏と会談。移設問題を検討するため4日に開かれた日米閣僚級作業グループ(WG)で、日本側が来年に決着時期を持ち越す意向を示したことに米側が強い懸念を示したことから、WGでの対応など今後の日米交渉の方針について調整を行っていた。《産経新聞》




【Jリーグ・MVP】鹿島・小笠原満男選手

Jリーグは7日、東京都内で年間表彰式「Jリーグ・アウオーズ」を開き、最優秀選手賞は1部(J1)鹿島の史上初の3連覇に貢献したMF小笠原満男が初めて受賞した。日本選手のMVP獲得は3年ぶりで、鹿島からは昨年のマルキーニョスに続いて2年連続。

得点王には20ゴールを挙げたFW前田遼一(磐田)が日本選手として7年ぶりに輝いた。新人王は13得点で新人最多得点記録を塗り替えたFW渡辺千真(横浜M)が受賞した。ベストイレブンは史上初めて日本選手が占め、MF遠藤保仁(G大阪)が7年連続で史上最多7度目、GK川島永嗣(川崎)DF長友佑都、MF石川直宏(ともにFC東京)FW岡崎慎司(清水)と得点王の前田の5選手が初受賞した。

最優秀監督賞は鹿島のオリベイラ監督が史上初めて3年連続で獲得した。優秀主審賞は西村雄一氏が初、優秀副審賞は相楽亨氏が2度目の受賞。新設された最優秀育成クラブ賞には浦和が選ばれた。《スポニチ》

【仙谷由人行政刷新相】事務次官の廃止検討

仙谷由人行政刷新相は7日、国家公務員の幹部人事を一元化するなどの公務員制度改革法案について「必ず(来年の)通常国会の早い段階で出すことになっているのだろう」と述べた。そのうえで「どこの会社にも『事務』のトップが社長という組織形態をみたことがない。官僚機構の改革が進めば、常識的な加工がある」と発言。各省庁の官僚トップである事務次官の廃止も視野に検討する考えを示唆した。都内で記者団に語った。

行刷相は事務次官の廃止について「1つの組織がちゃんとしたガバナンスのもとで営まれるためにどうしたらいいか」と指摘。民間企業の社長にあたる各省庁の閣僚のもとに、さらに事務方トップとして次官が存在する現行制度の見直しに意欲をにじませた。行刷相は通常国会に提出する法案に次官廃止も「当然含まれてくると思っている」と語った。《日経新聞》

12月7日のできごと