平成7638日目

平成21年12月6日(日)

2009/12/06

【ゴルフ・石川遼選手】史上初、十代での賞金王獲得

男子ゴルフでプロ2年目の18歳石川遼が6日、日本シリーズJTカップを終え、今季の獲得賞金額を約1億8352万円として史上初となる10代賞金王に輝いた。世界でもセベ・バレステロスらの19歳を更新する快挙となった。《共同通信》




【亀井静香郵政・金融担当相】2次補正規模「作業部会の結果で分かる」

国民新党代表の亀井静香郵政・金融担当相は6日、都内で記者団に、経済対策の裏付けとなる2009年度第2次補正予算について「何兆円になってくるかは7日からのワーキングチームの結果でわかる」と述べ、政府・与党の作業部会に議論の差し戻しを求める意向を表明した。国民新党は2次補正の規模を少なくとも8兆円台に乗せるよう規模の上積みを要求している。亀井氏の発言は7.1兆円の政府案を了承するための基本政策閣僚委員会には応じない姿勢を明確にしたものだ。

亀井氏は同日のフジテレビ番組で、菅直人副総理が基本政策閣僚委で1次補正の執行停止分2.7兆円の中で2次補正を編成する方針を伝えられたと説明したうえで「最初に額ありきという考え方が間違っている」と批判。「政治主導とは民主党主導じゃない。社民党の福島瑞穂党首や私がダメだと言えば実現できない」とも語った。《日経新聞》

【長妻厚生労働相】子ども手当「所得制限設けない」

長妻厚生労働相は6日、来年度から支給が始まる子ども手当について、所得制限導入を国民新党などが求めていることについて、「概算要求でも、所得制限がない形で要求している」と述べ、改めて導入を否定した。都内で記者団に語った。

同日のNHK番組では、国民新党の下地幹郎政調会長が「所得制限を検討すべきだ」と主張した。また、公明党の斉藤鉄夫政調会長も同様の考えを示した。

子ども手当の所得制限をめぐっては、政府・与党内でも意見に隔たりがあり、年末の2010年度予算編成に向け、週明けから大詰めの調整が始まる。《読売新聞》

【鳩山由紀夫首相】岡田外相と協議

鳩山由紀夫首相は6日、首相公邸で岡田克也外相と約1時間20分、沖縄県の米軍普天間基地の移設問題を巡って協議した。外相は普天間問題の越年を固めた首相に米側から厳しい反応が相次いでいる状況を説明。日米同盟関係の亀裂回避に向けて2006年に日米両政府が合意した現行計画に基づくキャンプ・シュワブ(名護市)沿岸部への移設での早期決着を促した。

会談は、外相が4、5両日の沖縄訪問の報告を名目に申し入れた。外相は首相に米側が現行案以外に受け入れる可能性がないと改めて説明。自らが主張していた同県内の嘉手納基地への統合案を断念する考えを伝えた。首相の決断先送りは米側の日本への信頼を失わせ、普天間基地の負担軽減策などを盛り込んだ米軍再編のロードマップ(行程表)が白紙になりかねないとも訴えた。《日経新聞》

12月6日のできごと