平成7621日目

平成21年11月19日(木)

2009/11/19

【鳩山由紀夫首相】普天間移設問題「選択肢を検証」

米軍普天間飛行場移設問題をめぐり、北沢俊美防衛相に加え、これまで嘉手納基地への統合案を示してきた岡田克也外相も19日、キャンプ・シュワブ沿岸部移設の現行計画での決着に初めて言及した。日米の作業グループは移設問題の迅速な解決で合意。鳩山由紀夫首相が決断を迫られる構図が鮮明になってきた。

首相は19日、岡田氏が移設に関し「論理的にはあらゆる可能性がある」と述べたことについて「それはそうだ。論理的にはさまざまある。日米合意が一つある。でもそれだけが答えではない。いろいろと選択肢を検討している段階だ」と述べるにとどめた。《共同通信》




【鳩山由紀夫首相】普天間移設「私が案を作る」

鳩山由紀夫首相は19日、首相官邸で岡田克也外相、北沢俊美防衛相と会談し、沖縄県の米軍普天間基地の移設問題について「私が案を作る」と述べ、自身が最終決断をする考えを改めて示した。防衛相がキャンプ・シュワブ沿岸部への移設を受け入れる条件として、嘉手納基地の訓練の削減などを柱とした沖縄県内の基地負担軽減策を説明。外相も近く外務省案をまとめる考えを伝えた。

【鳩山由紀夫首相】報償費公開の検討を表明

鳩山由紀夫首相は19日、官邸で記者団に内閣官房報償費(機密費)の公開を将来的に検討する意向を表明した。民主党が一定期間後の使途公表を義務付ける法案を過去に国会提出したことに触れ「近い将来しっかりと議論する必要がある」と述べた。

現在の機密費の扱いについては「使途に関しては官房長官に委ねている」としながらも「かつてからの民主党の主張がある。できる限り透明性を持たないと(いけない)。国民のための政府だという位置付けも必要だ」と強調した。同時に「必ずしも明確にできないものもある。その兼ね合いが必要だ」と指摘した。

これまで首相は、機密費の公開に関し「国民にすべてをオープンにすべき筋合いのものとは必ずしも思っていない」と述べるにとどめていた。《共同通信》

【大相撲九州場所5日目】横綱白鵬、3年連続年間最多勝確定

相撲九州場所5日目の19日、横綱白鵬が時天空を下して初日から5連勝とし、今年に入って76勝目を挙げて、早々と3年連続3度目の年間最多勝を確定させた。

白鵬が6日目以降を全敗し、白鵬に10勝差で勝利数2位の横綱朝青龍が残りを全勝しても76勝で、白鵬を上回らないために決まった。白鵬はあと1勝で単独での年間最多勝が決定する。今年に入ってまだ4敗しかしていない白鵬は、今場所で14勝すれば、2005年に朝青龍がつくった84勝の年間最多勝記録を更新する。日本相撲協会の武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)は「安定感のある証拠だ」と評価した。《スポニチ》

11月19日のできごと