平成7532日目

2009/08/22

【麻生太郎首相】佐用町の豪雨被災現場を視察


https://www.kantei.go.jp/

麻生太郎首相は22日午前、兵庫県西、北部豪雨で深刻な被害を受けた佐用町を訪れた。庵逧典章町長から被害状況の説明を受けた首相は「激甚災害の指定に向け、被害状況の確定を急がせたい」と述べ、指定に前向きな考えを示した。

ただ具体的な支援策は示さず、滞在時間もわずか20分。被災から2週間後の視察に被災者から冷ややかな声も上がった。

当初はヘリで上空からの被災地視察を予定していたが、天候不良のため取りやめ、午前10時半ごろ、車で現地入りした。

佐用町役場で庵逧町長から「被害は甚大。一刻も早く激甚災害に指定し、財政支援をお願いしたい」と要望を受けた。続いて、麻生首相は記者の質問に「亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、捜査捜索に当たっておられる方々には、ぜひ遺体が見つかるように努力していただきたい」と答えたが、その後、秘書官を通じて「遺体」を「行方不明者」と訂正した。

首相は、浸水被害のあった役場近くの商店街を徒歩で視察。2004年の台風でも床上浸水した美容室の女性店主に「商店街は壊滅状態。支援をお願いします」と窮状を訴えられ、言葉少なにうなずいていた。町災害ボランティアセンターの視察は中止となり、短時間の滞在に被災者は肩すかしの格好。商店街で店を再開できないままの70代の女性は「来るのが遅すぎる。片づき始めた今ごろ来られても…」。同町佐用の会社社長(45)も「発生直後に大臣を連れて見に来るのが総理の仕事。選挙のための顔見せでは」と冷ややかに話した。

首相は同日朝、羽田空港から航空自衛隊のU4多用途支援機で神戸空港へ到着。兵庫県の井戸敏三知事から、復旧や生活再建への支援を求める要望書を受け取った。《神戸新聞》




【 JR西日本】男性運転士が勤務中に女性を盗撮

JR西日本金沢支社は22日、同支社所属の男性運転士(28)が滋賀県内で電車を運転中、私有のカメラ付き携帯電話で車内の女性客を撮影した、と発表した。

運転士はブレーキハンドルから手を離し、7、8秒間、後ろを向いて撮影していた。電車は時速約120キロで走行中だったといい、約200メートルの間、前を見ていなかったことになる。電車には約150人が乗っていた。《毎日新聞》

【オリックス・金子千尋投手】2試合連続完封勝利

オリックス10−0楽天◇22日◇Kスタ宮城

オリックスの金子が2試合連続完封。5安打3四死球で走者を背負ったが、要所を締め2年連続の10勝目を挙げた。打線は一回に3連打で2点を先行。四回に3点を加え、終盤に岡田のソロなどで突き放した。楽天の連勝は6でストップ。《福井新聞》

8月22日/のできごと