平成7500日目

2009/07/21

【衆院】解散

衆院は21日午後の本会議で解散された。政府はこの後の臨時閣議で「8月18日公示、30日投開票」とする衆院選の日程を決定。選挙戦が事実上、始まる。自民、公明両党による連立政権の継続か、民主党中心の政権に交代するのかが最大の焦点になる。有権者による「政権選択」の結果は、今後の日本の政治を大きく方向付ける。

Embed from Getty Images

衆院選は郵政民営化を争点に自民党が大勝した2005年9月以来。9月10日の衆院議員任期切れを控え、任期満了選挙に近い形となる。

麻生太郎首相は21日午前8時からの定例閣議で、景気対策としての4度の予算編成や海賊対策などの実績に触れたうえで「経済は明るい兆しが見え始めているものの、なお危機を脱したとはいえず、国際情勢も北朝鮮の問題など予断を許さない状況にある。未来に向かって安心と活力ある社会を責任を持って実現しないといけない」と指摘。「国民のさらなる理解と協力が必要だ。このため解散を断行し国民の信を問う」と表明した。《日経新聞》



【麻生太郎首相】「不用意な発言、深く反省」

Embed from Getty Images

麻生太郎首相は21日夕の記者会見で「私の不用意な発言で国民に不信感を与えた。深く反省している」と表明した。自民党の結束の乱れについて「私が至らなかったため、国民に不信感を与えた。総裁として心からおわび申し上げる」と語った。《日経新聞》

【公明党・太田昭宏代表】「政権交代がテーマではない」

衆院解散を受け各党幹部は21日、選挙戦への意気込みを語った。公明党の太田昭宏代表は国会内で記者団に「政権交代がテーマではない」と強調。その後の街頭演説では「民主党には政策の整合性や一貫性はない」と厳しく批判した。共産党の志位和夫委員長は、民主党政権が誕生した場合「建設的野党として、よいものは賛成、悪いものは反対という是々非々の対応をする」と指摘。衆院選後の首相指名選挙について「決選投票になった場合は、自公政権の延命を許さないという立場から、民主党に投じることはあり得る」と語った。

社民党の福島瑞穂党首は記者会見で「自民党政治はもう終わった。社民党が勝たなければ真の政治転換はない」と述べた。国民新党の亀井久興幹事長は「政権交代を実現するため全力を尽くす。郵政民営化の抜本的な見直しを最大の主張として貫いていきたい」と指摘。改革クラブの渡辺秀央代表は「麻生政権を支える。自公政権を継続させるべきだ」と強調した。新党日本の田中康夫代表は「重要な歴史的大転換を一人ひとりの有権者が選択する選挙だ」と語った。《日経新聞》

【神奈川県警】覚せい剤所持容疑で中学校副校長逮捕

神奈川県警高津署は21日、東京都練馬区立光が丘第二中学校副校長のA容疑者(53)(中野区)を、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。

発表によると、A容疑者は同日午前7時15分頃、自宅マンションでビニール袋入り覚せい剤1袋(約0.6グラム)を所持した疑い。調べに対し、「知人から預かっていた。3年前くらいから使っていた」と供述している。同校の坂井晃校長は「勤務態度に問題はなかっただけに驚いている。事実関係を確かめて対応したい」と話している。《読売新聞》

【山口県防府市】豪雨で特養施設に土砂流入

21日午後0時20分ごろ、山口県防府市の特別養護老人ホームの裏山が豪雨の影響で崩れ、入所者3人が死亡、4人が行方不明になった。ほかに国道の土砂崩れや川の増水が相次ぎ、同県と鳥取県で3人が死亡、7人が不明となった。被害拡大を受け、政府は首相官邸内の危機管理センターに情報連絡室を設置。警察庁も災害情報連絡室を設け、被害情報の収集に当たった。《時事通信》



7月21日のできごと