平成7498日目

2009/07/19

【民主党・鳩山由紀夫代表】普天間移設「最低でも県外」

民主党の鳩山由紀夫代表は19日、沖縄県沖縄市の集会で、衆院選で政権を獲得した場合の米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設に関し「『最低でも県外』の方向で積極的に行動したい」と述べた。移設候補地であるキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)の新基地建設については「沖縄の過剰な基地負担をこのまま維持するのは、納得がいかない」と指摘した。

鳩山氏は「日米政府の合意を『何も変えてはいけない』と地元に押しつけるのは、違うと思う」とも述べ、地元の反発が強い在日米軍再編のロードマップ(行程表)見直しにも言及した。

その上で「米政権と徹底的に議論して信頼関係を築けば、何事も不可能ではない」と県外移設は可能との認識を示した。

民主党は昨年まとめた「沖縄ビジョン2008」で、普天間飛行場の県外か国外への移設を目指す方針を表明している。《共同通信》

鳩山由紀夫代表は19日、沖縄県沖縄市で開かれた玉城デニー・沖縄県第3区総支部長が主催した「政権交代の集い」に参加し、立ち見も出るほどの300人以上の聴衆に向け、沖縄のことは沖縄の皆さんと一緒に考えていきたいと挨拶した。

鳩山代表は挨拶の中で、沖縄の問題は沖縄の人と一緒に考えていきたいとしたうえで、「民主党は、沖縄ビジョンというものを出させてもらっているが、皆さんとともに、新たなビジョンを作っていきたい」と話し、より沖縄の現状に合ったものを、一緒に考えていこうと訴えかけた。

さらに続けて、普天間基地の移転問題に触れ、「アメリカと信頼関係を築くことにより、沖縄県民の気持ちも伝わる」と述べ、民主党が政権を取った時には、県民の思いを代表してアメリカと交渉にあたり、その思いを力に国外移転を目指していくとした。

次に玉城総支部長が演壇に立ち、「政治を変えるという意志と、行動によって政治は変えられる」と話し、「一昨年の参議院選挙から変えるという流れはできている」と、民主党への支持を求めた。

そして、政権交代を果たしたら、「皆さんが安心して生活できるような政策を一つ一つ行う。政治は生活であり、生活を立て直すために一歩一歩活動していく」と会場を埋めた支持者に向けて語りかけた。《民主党ニュース》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【金沢大】新型インフルエンザに23人集団感染

金沢市は19日、金沢大学の保健学類などに通う1年生から4年生までの学生計22人が新型インフルエンザに感染したと発表した。18日にも学生1人の感染が確認されており、計23人の集団感染となった。

同市によると、感染が確認されたのはほかに法学類、経済学類、薬学部の学生。いずれも最近の海外渡航歴はない。また現段階で確認している濃厚接触者59人は感染者の家族らで、大学病院の患者や医師らは含まれていないという。《産経新聞》

【自民・津島雄二氏】政界引退を表明

自民党津島派会長で党税制調査会長の津島雄二衆院議員(79)=青森1区=が19日、青森市の事務所で記者会見し、次期衆院選には立候補せず政界から引退することを明らかにした。派閥会長の後継者については「お任せする」と述べた。

同党の派閥会長が後継者のはっきりしないまま政界を引退するのは異例。津島氏は次期衆院選で苦戦が予想されていたこともあり、自民党の弱体化を示す引退表明といえそうだ。《毎日新聞》

【森喜朗元首相】中川、加藤、武部氏を批判

自民党の森喜朗元首相は19日にテレビ朝日の番組で、麻生太郎首相の退陣を狙って両院議員総会開催を求めた中川秀直、加藤紘一、武部勤各元幹事長に関し「(これまで)罪を何犯か犯している。それに対する謙虚さがない」と厳しく批判した。

【この日の民主党】

にかく一生懸命やる。政権交代を必ず実現する 幹事長

岡田克也幹事長は19日夕、岸本周平・和歌山県第1区総支部長とJR和歌山駅前で街頭演説を行った後、20分ほどの距離を岸本総支部長とともに自転車で遊説。移動先の中ぶらくり丁商店街では、ここで長年商売をしてきた皆さんと地元商店街が抱える課題等について意見交換した。

意見交換後に記者団に答えた岡田幹事長は、保守王国といわれる和歌山に関する印象として、「手ごたえがすごくある。1区、2区、3区、ともに勝てるチャンスがある」と語り、党としては全力を挙げて応援していくとした。

また県内を回って「多くの皆さんにご支援いただいていることを実感できた」と述べ、「とにかく変えてもらいたいという気持ちが伝わってきた」と印象を語った。

さらに自民党内のごたごたについては「とやかく言うつもりはないが」と前置きしたうえで「もっとしっかりしろと言いたい。国民不在のなかでもめているだけ」と切り捨て、「表紙(総裁)だけ変えて選挙をやればいいという安易な気持ち、国民不在もはなはだしい。それは国民の皆さんにも見えている」と断じた。

「いよいよ」の解散に向けての心境については「とにかく一生懸命やるということにつきる」と強調。「政策を訴え、民主党と自民党のどちらが日本の政治を担うにふさわしいか、しっかり判断していただきたい」と述べた。

「政権交代をしっかり実現することを訴えているので、それは必ず実現する」とも表明した。《民主党ニュース》



7月19日 その日のできごと(何の日)