平成7364日目

2009/03/07

【麻生太郎首相】沖縄県・仲井真弘多知事と会談

麻生太郎首相】沖縄県・仲井真弘多知事と会談
http://www.kantei.go.jp/

麻生太郎首相は7日、就任後初めて沖縄県を訪問し、仲井真弘多知事と那覇市内のホテルで会談した。首相は、在日米軍再編の焦点である普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)への移設問題について「早期解決に取り組みたい」と表明した。

知事は普天間飛行場移設に関し、日米が合意した地点より「もう少し沖合に出して環境に配慮してほしい。県の意見を踏まえて早期に落ち着けてほしい」と要請したが、首相は明言を避けた。

首相は会談後、普天間飛行場の移設について、記者団に「地元の声に十分配慮しつつ、(日米合意の)ロードマップ(行程表)に決められた段取りがある。この2つをどう兼ね合わせるかが一番の問題だ」と述べた。

知事は会談で、米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)周辺の騒音被害を指摘し、軽減に取り組むよう求めた。併せて(1)那覇空港の新滑走路建設(2)2012年までの開学を目指す沖縄科学技術大学院大学への支援ーを要請した。 《福井新聞》

広告




【FSスキー世界選手権女子モーグル】上村愛子選手が初優勝

フリースタイルスキーの世界選手権猪苗代大会第5日は7日、福島県猪苗代町で女子モーグルなどがあり、昨季ワールドカップ(W杯)種目別優勝の上村愛子(北野建設)が24・71点で初優勝した。上村は来年のバンクーバー冬季五輪の日本代表内定第1号となった。

上村は予選をトップで通過し、決勝もスピード感あふれる滑りで2位に大差をつけた。伊藤みき(中京大)は4位、里谷多英(フジテレビ)は9位だった。《共同通信》

3月7日/のできごと