平成7283日目

平成20年12月16日(火)

2008/12/16

【自民党・古賀誠選対委員長】「比例は公明」見直し

自民党の古賀誠選対委員長は16日午前、次期衆院選比例代表をめぐる公明党との選挙協力の見直しに関し「自民は自民、公明は公明で頑張って取るという戦略が大事だ」と強調、麻生太郎首相にも同様の考えを伝えたことを明らかにした。国会内で記者団に語った。

自公両党は原則的に「比例は公明」と呼び掛けないことで合意しているが、公明党側は自民党候補に比例での協力を求めている実態があり、古賀氏の発言はこれを見直す考えを強調したものだ。《共同通信》

【阪神・藤川球児投手】4億円で契約更改

藤川球児投手(28)は16日、兵庫県西宮市内の球団事務所で、代理人の橋岡宏成弁護士と来季の契約交渉に臨み、1億2000万円増の年俸4億円でサインした。阪神の生え抜きでは初の4億円選手で、移籍選手を含めると今季の金本知憲外野手の5億5000万円がチームのトップ。

今季の藤川は63試合の登板で38セーブ、防御率0.67。昨オフは米大リーグ挑戦の希望を球団に伝えたが、ことしは早々に残留を表明した。「(メジャー希望の)気持ちに変わりはないが、巨人を倒して優勝したいという気持ちの変化などを(球団側に)話した」と述べた。今後は米国で1ヵ月以上の自主トレを予定しているという。(金額は推定)《共同通信》

12月16日のできごと