平成7282日目

平成20年12月15日(月)

2008/12/15

【自衛隊イラク派遣】終結へ

イラク復興支援特別措置法に基づくイラクでの空輸活動を終えた航空自衛隊の派遣部隊が15日午後、撤収を始め、C130輸送機3機のうち1機目が活動拠点のクウェートのアリ・アルサレム空軍基地を出発し、日本へ向かった。

陸上自衛隊のイラク撤収後も活動を続けてきた空自の引き揚げで、初の「戦地」派遣として憲法との整合性をめぐり国論を二分した自衛隊のイラク派遣は開始から約5年ですべて終結する。《共同通信》

【麻生太郎首相】高額所得者の給付金「人間の矜持の問題」

麻生太郎首相は15日の参院決算委員会で、総額2兆円の定額給付金を高額所得者が受け取ることについて「多額の金をもらっている方が1万2000円をちょうだいというのを(過去に)私は『さもしい』と申し上げた。困っている人にと発想した話で、1億円も収入がある方はもらわないのが普通だ。人間の矜持も問題なのかもしれない」と述べ、自発的辞退が望ましいとの見解を示した。

定額給付基をめぐっては与党が、所得制限を設けるが否かを市町村の判断に委ね、総務省が高額所得者に辞退を呼び掛けることは可能とする制度概要を示している。《共同通信》

【東京地裁】猶予中に小学校へ侵入、元教諭に実刑判決

性的興味から写真撮影目的で小学校に無断で侵入したとして建造物侵入罪に問われた元小学校教諭A被告(35)の判決が15日、東京地裁であり、神田大助裁判官は懲役10月(求刑懲役1年6月)の実刑を言い渡した。

検察側は「再犯の可能性が極めて高い」と指摘。A被告は最終意見陳述で「運動会開催中の学校に立ち入ることが犯罪になるとは思わなかった」と訴え、弁護側は刑罰を与えるほどの違法性はないと無罪を求めていた。A被告は、交通事故死した児童らの写真をインターネットのホームページに無断で掲載。著作権法違反罪などで昨年7月、有罪判決を受け、執行猶予中だった。《時事通信》

12月15日のできごと