2008 平成20年9月10日(水)のできごと(何の日)

平成7186日目

2008/09/10

【自民総裁選】告示

退陣表明した福田自民党総裁の後継を決める総裁選が10日告示された。石原元政調会長、小池元防衛相、麻生幹事長、石破前防衛相、与謝野経済財政担当相の5氏が届け出た。

22日の両院議員総会で新総裁が選出され、24日の衆参両院本会議で新首相に選出される見通し。これまでの共同通信の取材では麻生氏が先行している。総裁選では景気・経済対策を中心に次期衆院選をにらんだ論戦が展開されそうだ。《共同通信》




【民主党・鳩山由紀夫幹事長】「総裁選ごっこ」

野党は10日、5人が立候補した自民党総裁選につおて「首相の器というものをどう感じているのか。総裁選ごっこをやっているようにしか見えない」(鳩山由紀夫民主党幹事長)と批判し、対決姿勢を強めた。各党とも早期解散に備え、次期衆院選のマニフェスト(政権公約)策定などを急ぐ考えだ。

鳩山氏は都内で記者団に「総裁選を行うなら国益を大きく損なった反省の弁からスタートすべきだ。民主党は一致団結し、どういう国を築いていくのか国民に伝えていく」と表明。菅直人代表代行は「自分たちの総裁を選んで勝手に首相にしようとしているが、その責任を持てる政党なのか」と強調した。

共産党の志位和夫委員長は「5人とも小泉内閣の閣僚だった」と指摘。「格差を広げた政治に共同責任を負っており、どなたが当選しても日本の政治に明るい展望は開けない」と述べた。

社民党の福島瑞穂党首は「コップの中の嵐にすぎない。中身を変えず、包装紙だけを変えて衆院選をやろうとしている」と批判。

国民新党の亀井久興幹事長は「首相になる覚悟と気迫、責任感がなければ、手を挙げるのはいかがなものか」と皮肉った。《福井新聞》

9月10日/のできごと

シェアする

フォローする