平成6882日目

2007/11/11

【この日の民主党】

>南関東地方自治体議員フォーラム開催

民主党・南関東地方自治体議員フォーラムは11日、千葉市で研修会と総会を開催した。

総会には千葉・神奈川を中心に約60人の地方議員が参加し、党本部代表の加賀谷健組織委員長代理、千葉県連代表の長浜博之参議院議員が来賓として挨拶した。

研修会では参議院に年金流用禁止法案を提出した蓮舫『次の内閣』年金担当副大臣が「政権交代の実現に向けて」と題して講演し、「政権交代の意義と課題」をテーマに森田朗東京大学公共政策大学院教授が講演した。

今回の研修会は千葉県連主催の政治スクール「千志塾」と共催で行われ、200名を超える参加者からは熱心な質問と意見交換が行われた。

また研修会にあわせて、「民主党女性議員ネットワーク会議」南関東ブロック会議も開かれ、ブロック世話人に小森船橋市議を選任し、今後の活動について確認した。

近畿ブロック地方自治体議員フォーラム、研修会を開催

民主党・近畿ブロック地方自治体議員フォーラムは11、12日の両日、京都府舞鶴市で研修会を開催した。

研修会には近畿2府4県から約70人が参加、代表世話人である大前英世大阪府議会議員の主催挨拶の後、京都府連の宇都宮壮一幹事長が歓迎挨拶を行った。

11日は、新川達郎同志社大学大学院総合政策科学研究科長による「ローカルマニフェストと議会・議員の役割」、党政調会長代理の福山哲郎参議院議員より「マニフェスト3本柱(年金・子ども・農業)と財源」について講演と質疑が行われた。

続く12日の研修会では、党副代表の前原誠司衆議院議員から「わが国の安全保障のあり方」について講演を受けた後、海上自衛隊舞鶴地方総監部にて海上自衛隊舞鶴基地について説明を受け、護衛艦「すずなみ」と舞鶴航空基地の視察を行い、説明を受けた。その後、一部の参加者は新南極観測船の建造の進むユニバーサル造船舞鶴事業所などを見学した。《民主党ニュース》



【仙台育英・佐藤由規投手】ヤクルトと仮契約

プロ野球・ヤクルトに高校生ドラフトで1巡目指名された仙台育英高3年の快速右腕・佐藤由規投手(17)は11日、仙台市内のホテルで球団側と入団交渉を行い、仮契約を結んだ。契約金1億円、出来高払い5000万円、年俸1500万円で、先に日本ハムと仮契約した同じ高卒新人の大阪桐蔭高3年、中田翔外野手(18)と同額の最高額での契約。背番号は荒木大輔投手コーチから受け継いだ「11」で、登録名は「由規(よしのり)」となった。《毎日新聞》

【自民党・伊吹文明幹事長】民主党をけん制

自民党の伊吹文明幹事長は11日のNHKテレビ番組で新テロ対策特別措置法案をめぐり、参院で福田康夫首相の問責決議が可決された場合や、会期内に法案が採択されない場合は、首相が衆院解散・総選挙に踏み切る可能性があるとの考えを強調し、民主党をけん制した。政策協議のため民主党の鳩山由紀夫幹事長との会談も呼び掛けた。

これに対し、鳩山氏は同テレビ番組で、総選挙準備が「完了していない」と認めつつも「逃げ腰になっていることは一切ない。受けて立つ」と言明した。《共同通信》



11月11日のできごと