平成4297日目

2000/10/13

【韓国・金大中大統領】ノーベル平和賞受賞決定

ノルウェーのノーベル賞委員会は13日、2000年のノーベル平和賞を韓国の金大中大統領(74)に授与すると発表した。「韓国と東アジアで民主主義と人権発展、特に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との和平と和解に努力した」ことなどが理由で、朝鮮民族(韓民族)のノーベル賞受賞は初めて。

同委員会はまた「隣国、特に日本との和解にも努力した」とする一方「北朝鮮の指導者らの南北和解への貢献」にも言及、金大統領とともに朝鮮半島和解の流れをつくった北朝鮮の金正日総書記にも配慮を示した。《福井新聞》




【オリックス・イチロー外野手】神戸のファンに別れ

米大リーグ挑戦を明らかにしているプロ野球オリックスのイチロー外野手が13日、地元グリーンスタジアム神戸で今季最後の試合、西武戦に出場してファンにお別れをした。右わき腹を痛めているため、出場は9回表の守備だけだった。交代を告げる「イチロー スズキ」のアナウンスに乗り、守り慣れた右翼の守備位置へ走るとファンは総立ちになってスーパースターに温かい声援を送った。《福井新聞》

【プロ野球・西武】選手が免停中に駐車違反

プロ野球西武ライオンズの松坂大輔投手(20)が9月、東京都内で無免許運転した上、駐車違反をして同球団の黒岩彰広報課長(39)が警視庁に身代わり出頭したことが分かり、同庁交通捜査課は13日、道路交通法違反容疑で松坂投手を、犯人隠匿容疑で黒岩課長をそれぞれ書類送検した。

調べでは、松坂投手は免許停止中だった9月13日未明、港区内で球団所有の乗用車を無免許運転した上、同日午前10時ごろ、文京区音羽の駐車禁止区域の路上に球団所有の乗用車を約1時間半にわたって違法に駐車した疑い。車は大塚署にレッカー移動され、黒岩課長が同署に出向いて松坂投手に代わり反則切符を切られた疑い。

松坂投手は「(黒岩課長の身代わり出頭は)後で知った」と、黒岩課長は「自主的な判断でやった」としれぞれ供述したという。《福井新聞》

【森喜朗首相】中国・朱鎔基首相と会談

10月13日は何の日【森喜朗首相】中国・朱鎔基首相と会談
http://www.kantei.go.jp/

森喜朗首相は13日、中国の朱鎔基首相と首相官邸で約2時間半にわたって会談し、日本の排他的経済水域(EEZ)内での中国海洋調査船の活動や、中国の軍事費増大などでぎくしゃくした日中関係を立て直していく未来志向の関係を構築していくことで一致した。

朱首相は両国間の歴史について「日本の軍国主義で大きな災難を被ったが、日本人民も被害者で人民が責任を負うことはない。歴史をかがみに未来に進んでいこう」と述べ、森首相も「相互理解をはぐくむよう努力したい」と強調した。《福井新聞》

【ダイエー・藤井将雄投手】死去

プロ野球パ・リーグ、ダイエーの藤井将雄投手が13日、福岡市内の病院で死去した。31歳。佐賀県出身。

同投手は昨年のホールド王になるなど活躍したが、オフになった体を悪くし、ことしの春季キャンプには参加しなかった。一時は二軍の試合に登板したが、間質性肺炎のため、入院していた。《福井新聞》

10月13日/のできごと