平成4294日目

2000/10/10

【ダイエー・中内功会長】引退へ

経営首脳のグループ株式売買問題で揺れるスーパー大手ダイエーの創業者の中内功会長(78)は10日、記者会見し来年5月の株式総会時に取締役を退任し、経営の一線から退くと表明した。

会見に先立って開かれた臨時取締役会で、中内会長が当面、代表取締役のまま最高顧問に就任する一方、グループ株取引で利益を上げた鳥羽董社長(70)が社内の混乱を招いたとして社長を辞任、取締役に降格する人事を決めた。

グループ株売買は、内部情報に基づき株を売買するインサイダー取引ではなかったと主張した鳥羽氏と、厳しい社内処分を求めた中内氏が衝突、痛み分けの形で経営トップを退くことになったとみられる。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。更新情報もご確認ください。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【白川英樹筑波大名誉教授】ノーベル化学賞受賞決定

スウェーデン王立科学アカデミーは10日、2000年のノーベル化学賞を電気を伝える高分子を開発した白川英樹・筑波大名誉教授(64)とアラン・ヒーガー米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(64)、アラン・マクダイアミッド米ペンシルベニア大教授に授与すると発表した。

日本人のノーベル賞受賞は1994年の大江健三郎(文学賞)に次ぎ9人目。化学賞は81年の福井謙一氏以来19年ぶり2人目となった。21世紀の新技術として期待される分子エレクトロニクスを切り開いた業績が認められた。《共同通信》

【自民党・加藤紘一元幹事長】介護保険の将来像、森首相が方針明示を

自民党の加藤紘一元幹事長は10日、大阪市で講演し、低所得高齢者らの介護保険料減免を与党内で検討していることについて「3党が話し合っているからと首相が見過ごしていいという話ではない。この国をどういう形にもっていくか、首相の理念を表明する重要な時に来ている」と述べ、介護保険制度の将来像について森喜朗首相が明確な方針を示すよう促した。《共同通信》

【この日の民主党】

各派協議会再開、特別委審議凍結を提案~国会正常化に向け野党4党合意

参議院比例区に非拘束名簿方式を導入する公選法改正案をめぐる国会審議について、民主党など野党4党の幹事長・書記局長会談が10日午後から深夜にかけて、断続的に開かれた。

その結果、国会の正常化に向けて(1)参議院の選挙制度改革に関する各派協議会を再開する。再開された協議会継続中は特別委員会の審議は凍結する(2)上記協議会の開催が合意された場合は、党首討論は予定通り実施する――の2項目を与党側に提案することで一致した。同日夜、この内容を参議院の野党各会派が連名で斎藤参議院議長に申し入れるとともに、赤松広隆国対委員長が自民党の古賀国対委員長に伝えた。

[衆議院東京21区補欠選挙]民主党公認・長島昭久候補が「日本を変えたい」と第一声

22日に投票が行われる衆議院東京21区補欠選挙は10日告示され、民主党の長島昭久候補が「このままでは日本が滅亡してしまう。日本を立て直すために12日間、全身、全霊、全力を傾けて邁進します」と力強く第一声を放った。

10日朝、立川市の長島候補事務所には鳩山代表ら民主党の衆参国会議員45人が応援に駆けつけた。

まず、菅直人幹事長が「立川、昭島、日野に関わり深い立場からお詫びしたい。より大きな日本の政治の変革のために長島候補が立候補したことがだんだんと(選挙区の方々に)お分かりいただいてきた。今日は私の誕生日だがプレゼントは何もいらない。22日に当選のプレゼントを」と檄を飛ばした。

続いて鳩山代表が「政治家とお金に最もクリーンと信じていた民主党が不祥事を起こしたことを改めて国民にお詫びしたい。日本の政治を国民に信じていただけるものにすることで民主党の再出発とさせていただきたい」と、山本譲司前衆院議員の不祥事を詫び、「この選挙を逃げるのは最も卑怯な道だ。ワシントンから日本の政治を変えるために素晴らしい男がやってきた。長島候補の勝利をかちとろう」と訴えた。

長島昭久候補は「20年前、国際政治をリードするような政治家になろうとと決意し、今回このような素晴らしいチャンスに巡り会うことができた。このままでは、自民党にまかせていては日本は滅亡してしまう。皆さん一緒に頑張りましょう」と力強く決意を語った。

この後大勢の国会議員がポスター貼りなどの活動に参加した。《民主党ニュース》



10月10日 その日のできごと(何の日)