平成4289日目

2000/10/05

【ユーゴスラビア】ミロシェビッチ政権崩壊

ユーゴスラビアの野党支持者らによる連邦議会などの占拠を受け、セルビア民主野合連合のコシュトニツァ氏は5日夜、連邦議会前に集まった市民に向けて演説、「セルビアを解放した」と述べ、大統領として国政掌握を宣言した。

独立系ベタ通信によると、ユーゴ連邦軍参謀本部の報道官は6日、「軍はセルビアの民主プロセスに介入しない。選挙における国会の意思を尊重する」と言明、政変への不介入とともに新政権受け入れの方針を明らかにした。東欧最後の強権的指導者として君臨してきたミロシェビッチ政権は事実上崩壊した。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。更新情報もご確認ください。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【オリックス・野田浩司選手】現役引退を表明

オリックスの野田浩二投手(32)が今季限りで現役を引退することが5日、明らかになった。

9月14日に球団から戦力外通告を受けていた同選手はこの日、神戸市内の球団事務所、グリーンスタジアム神戸を訪れて仰木監督や関係者にあいさつ。「通告を受けたときから引退は決めていた。球団にはきのう(4日)電話で伝えたけど、みなさんにあいさつしてすっきりした」と話した。

今後については未定で「いろんな角度から野球を見ていきたい」としている。《共同通信》

【森喜朗首相】あっせん法案成立に期待感

公務員に対する政治家らの口利き行為を制限する「あっせん利得処罰法案」は5日午後、野党欠席のまま衆院本会議で自民、公明、保守が提出した与党案の趣旨説明と質疑が行われ、審議入りした。

森喜朗首相は同法案の意義について「政治倫理の一層の確立のためには、政治家一人ひとりの自覚が必要だが、政治家の廉潔性を疑わせる事件が後を絶たず、国民の政治不信が深まっている。(法案成立は)政治の自浄能力を示し国民の政治への信頼回復のために寄与する」と述べ、今国会での成立に期待感を示した。《共同通信》

[参議院滋賀補選]のりくも俊邑候補が元気に第一声

参議院滋賀補選の選挙戦が5日告示され、民主党公認の、のりくも俊邑候補が元気に第一声をあげた。選挙戦は自民党、共産党の新人候補との3つどもえの争い。

のりくも候補は、地方分権の重要さや、弱者に光の当たる政治、IT革命の推進などを訴えて、元気に選挙活動を続けている。応援のため党幹部や若手議員も連日滋賀県内を走り回っている。投票日は10月22日。

交通バリアフリーフォーラム開く

民主党の市民政策議員懇談会と市民がつくる政策調査会(市民政調)が主催する「交通バリアフリー法とその課題、今後の取り組み」が5日午後、アメリカ連邦運輸省のマイケル・ウィンター氏を招いて、国会内で開催された。約80名が参加した。

自らも車いす利用者であるウィンター氏は長年にわたって障害者の自立生活を支援するNGOを運営し、94年のクリントン政権成立と共に連邦運輸省に入り、交通アクセスの普遍化に取り組んでいる。

この日は、まず民主党の細野豪志、石毛えい子、玉置一弥各衆院議員、川内美彦氏(アクセスプロジェクト)、三澤了氏(DPI日本事務局)がこれまでの経過を振り返ると共に、今後の課題提起を行った。

続いて、ウインター氏は、民主党と市民団体の協力で「交通バリアフリー法」がよりよいものになったことを高く評価しつつも、「今後は、市町村レベルで策定される基本構想にむけて、地域の市民団体と議員がスクラムを組んで政策提言を続けていくことが必須である」と訴えた。さらに、「交通バリアフリー法は完璧ではないが重要な一歩。5年後の見直しには『移動の権利』が盛り込まれるよう、今からがんばってほしい」と熱いエールを送った。

石毛議員が氏の発言を受け「地域でこの法律について情報提供していく仕組みづくりに早急に取り組みたい」とフォーラムを締めくくった。

この後、ウインター氏は堀利和参議院議員や車椅子利用者、盲導犬利用者らと議員会館をバリアチェック。第二議員会館地下の車椅子用トイレが男性トイレの中にあることなど、さまざまなバリアを指摘した。(記事提供:石毛えい子事務所)《民主党ニュース》

非拘束名簿導入法案の撤回を=野党が合同議員集会

民主党は5日午後、共産、社民、自由、無所属の会など野党各党の参議院議員と国会内で合同緊急集会を開き、参院比例代表への非拘束式名簿導入阻止を訴えた。

民主党の久保亘参議院議員会長は「民主主義を守る正義の戦いだ。決着の道はただひとつ。今年2月の各党合意を前提に協議を進めることだ。そのためには公職選挙法改正案の撤回以外にない」と強調した。

会場には、鳩山由紀夫代表や小沢自由党党首、土井社民党党首、志位共産党書記局長らが顔を見せ、つないだ手を高く掲げて野党の共闘姿勢をアピールした。

集会に招かれた政治評論家の内田健三氏も「議会政治の根幹に関わる暴挙だ。議会政治の基本の選挙制度をこういう形で押し切るなんて聞いたことはない。話にならない」と与党側の対応を批判した。

参議院の野党4党の女性議員はこの後、渋谷に繰り出し合同で街頭演説を行い、非拘束名簿式導入阻止のための野党の行動に理解を求めた。《民主党ニュース》



10月5日 その日のできごと(何の日)