平成4290日目

平成12年10月6日(金)

2000/10/06

【鳥取県西部地震】

6日午後1時半ごろ、鳥取県西部を震源とする強い地震があり、同県の境港市と日野町で震度6強、西伯町と溝口町で震度6弱、米子市と岡山県新見市、香川県・小豆島などで震度5を観測。西日本の広い範囲で強い揺れを感じた。気象庁によると、マグニチュード7.3と推測される。1995年1月の阪神大震災のM7.2を超え、同震災後では最大規模の地震となった。震源は米子市中心部から南に約20キロ、深さ約11キロ。阪神大震災と同様、活断層が横ずれして起きた直下型地震という。

同庁は「平成12年鳥取県西部地震」と命名。「一日以内にM6以上の余震が発生する確立は40%程度」として、厳重な警戒を呼び掛けた。鳥取県の片山善博知事は米子市と西伯、日野両町に災害救助法適用を決めた。《共同通信》




【北朝鮮拉致疑惑】コメ追加支援で家族が抗議の座り込み

北朝鮮への50万トンのコメ追加支援問題で、北朝鮮に拉致(らち)された疑いの強い日本人の家族ら約40人は6日午前、「拉致問題に進展がないままのコメ大量支援は納得いかない」として、支援の撤回を求めて東京・永田町の自民党本部前で座り込みなどの抗議行動を行った。

抗議行動を行ったのは「北朝鮮による拉致」被害者家族連絡会と支援者ら。昭和五十二年に失跡した新潟市の横田めぐみさん=当時(13)=の両親や、鹿児島や神戸から駆けつけた家族らが参加した。

家族らは午前8時ごろから、「拉致棚上げにつながる食糧支援に反対」と書いた横断幕やプラカードなどを掲げて、党本部前に座り込んだ。午前11時からは、コメ支援が決定される自民党総務会が党本部で開かれ、出入りする議員らに支援を中止するようスピーカーで呼びかけた。

めぐみさんの父、滋さん(67)は「外務省があくまで人道的な支援と強調するなら、拉致された人間にももう少し配慮をしてほしい」、母の早紀江さん(64)も「これまで娘の救出を命がけで訴えてきたのに…。私たちに子供を返して」と涙ながらに訴えていた。《産経新聞》

【オリックス・田口壮外野手】通算1000安打

6日の西武26回戦(神戸)の四回、西口から中前打して達成。プロ野球203人目。初安打は92年4月11日の近鉄戦。

西武5−1オリックス◇6日◇神戸

西武が連勝し、3位以上が確定した。一回一死満塁から鈴木の左飛で先制。三回には鈴木の右前打とポールの二塁打で2点を追加。終盤の八、九回にも加点して突き放した。先発の西口は毎回のように走者を許したが、7回をアリアスの本塁打による1点だけに抑えて11勝目。

オリックスは12残塁の拙攻で、先発の戎は序盤に制球を乱した。《共同通信》

【ユーゴスラビア】コシュトニツァ氏「危機は過ぎ去った」

民衆ほう起でミロシェビッチ政権打倒に成功したユーゴスラビア野党指導者のコシュトニツァ氏は6日、イワノフ・ロシア外相との会談後、「危機は過ぎ去った」と宣言した。この発言は、ロシア政府がコシュトニツァ氏を「新大統領」として認知したことを踏まえて、ミロシェビッチ大統領派の策動の余地はなくなったとの見方を示したものだ。

ユーゴ連邦軍スポークスマンもこの日、政治には介入しないという軍の基本原則を確認しており、コシュトニツァ氏にとって大きな脅威はほぼ消失した。同氏は「ユーゴの状況は著しく正常化に向かっている。危機は過ぎ去ったと思う」と述べた。《時事通信》

10月6日のできごと