2007 平成19年11月3日(土)

平成6874日目

2007/11/03

【横浜市・中田宏市長】講談社社長らを告訴

中田宏・横浜市長は3日、週刊現代の記事は「内容が虚偽」などとして、発行元の講談社(東京都)の社長ら4人に対し、名誉棄損にあたる疑いがあると告訴状を東京地検に提出した。市長の事務所が明らかにした。

告訴状などによると、週刊現代の11月10日号と同17日号(5日発売予定)は、中田市長が「看護学校の生徒らと合同コンパに興じ、1人の女性にわいせつな行為をした」などとする内容の記事を掲載。これらは「虚偽で、市長の名誉を棄損した」としている。同事務所によると、民事訴訟の提訴も準備中。

週刊現代編集部は、「刑事告訴の内容を把握していないのでコメントできないが、記事の中身については、十全の自信を持っている」とコメントを出した。《朝日新聞》




【武豊騎手】JRA通算3000勝達成

日本中央競馬会(JRA)の武豊騎手(38)が3日、京都競馬の第1レースでスカイビューティーに騎乗して今年131勝目をあげ、JRA史上初の通算3000勝(地方、海外の勝ち星を除く)を達成した。87年のデビューから20年8カ月、騎乗回数1万4288回での快挙となった。

武騎手は「21年かかって作った数字で、大変な重みを感じる。まだまだ技術を磨いていきたい」と話した。武騎手は今年7月、岡部幸雄元騎手が持っていた歴代最多記録の2943勝を抜いていた。この日の第10レースでも勝ち、通算勝利を3001に伸ばした。《朝日新聞》

【自民党・山崎拓前副総裁】「年内解散・総選挙も」

自民党の山崎拓前副総裁は3日、大阪市で開かれたパーティーのあいさつで、福田康夫首相が連立協議を提案、民主党が拒否したことに関連し「まさに常在戦場。年内に解散・総選挙があってもおかしくない情勢だ」と述べ、国会の混乱などから早期に衆院が解散される可能性があるとの認識を示した。《共同通信》

11月3日/のできごと