平成6865日目

2007/10/25

【この日の民主党】

菅代表代行、薬害肝炎対策、給油量隠ぺい問題に言及

菅直人代表代行は25日午後、党本部の定例会見で、薬害肝炎対策に福田内閣がきちんと取り組むよう引き続き注視するとともに、給油量隠ぺい問題を追及する考えを示した。

菅代表代行は冒頭、ここ1週間ほどの民主党の追及によって、保有する症例一覧表について個々の患者を特定してこなかった厚生労働省から、特定につながる新しい資料が見つかったことに言及。

「舛添大臣は『役所の官僚が不眠不休で探した結果出てきた』という言い方をした。『隠しきれるかどうか』を不眠不休で考えていて、『隠しきれない』と判断したところで、情報を出してきていると感じる」として、事実の隠ぺいをはかろうとする姿勢がなかったか疑問を呈した。

また「本当にこれから、30万人とも言われるフィブリノゲンを投与された人たち(の特定)を、役所の抵抗・妨害をはねのけてやれるかどうか。舛添大臣の力量が問われる場面だ」と指摘。検査や治療の開始へつなげるために、必要があれば協力するとした。

フィブリノゲン製剤以外にも、100万~200万人といわれるC型肝炎ウイルス保有者に対する支援については「啓蒙活動を通しての検査の奨励と、治療の助成」を行うべきと主張。民主党が参院に提出した「特定肝炎対策措置法案」にも触れて、「(体制作りを)やらないような厚労大臣、福田内閣であれば、1日も早く、やれる内閣に変えなければいけない」と政権交代の必要性を指摘した。

菅代表代行はまた、テロ特措法の延長をめぐる給油量の説明間違いの問題について、同日午前の党外務防衛部門会議における外務省の説明に関する一部報道を紹介。

報道は、2003年2月、米補給艦へ供給した燃料を、当時の福田官房長官が「20万ガロン」と説明した発言の前後に、外務省は「80万ガロン」という正しい数字を前提に、日米間で話をしていたというもの。

菅代表代行は、防衛庁に加え、外務省も正しい情報を知りながら報告しなかったことになると指摘、「内閣を挙げて正しい情報を隠ぺいしてきたことになる」とした。官僚のミスだけでは済まされず、当事者の政治的責任を含めた責任の明確化が必要だと述べた。《民主党ニュース》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【ヤクルト・高田繁新監督】就任会見

プロ野球ヤクルトは25日、東京・東新橋のヤクルト本社で来季の監督に決まった前日本ハムのゼネラルマネジャー、高田繁氏(62)の就任会見を行った。高田新監督は「若手を育てながら、大きくチームを変えたい。優勝を目指してみんなで頑張りたい」などと抱負を語った。3年契約で契約金はなく、年俸8000万円。背番号は、現役時代の8を重ねた「88」に決まった。(金額は推定)《スポニチ》

【警視庁】集団強姦容疑で財務省職員逮捕

警視庁は25日、財務省主計局主計官付係長のA容疑者(34)=東京都北区=、主計官付財務事務官のB容疑者(28)=世田谷区=の2人を集団強姦容疑で逮捕した。両容疑者はノンキャリアの職員。捜査1課などの調べでは、2人は2月23日早朝、中野区の女性(34)のマンションの部屋で、女性を集団で強姦した疑い。A容疑者は「性行為はしたが、押さえ付けてはいない」と容疑を否認。B容疑者は容疑を認めているという。

2人は同僚職員の男性3人とともに、帰宅途中だった女性にJR中野駅前で声をかけて誘い、同日午前1時ごろから居酒屋で一緒に飲酒した。その後、A容疑者が女性に「(電車の)始発まで休憩させてほしい」と言い、同4時ごろもう1人の職員とともに3人で女性宅を訪問。さらに飲酒したのち、暴行したという。事件当時1人は寝ていたという 《朝日新聞》

【福田康夫首相】国民生活重視を強調

自民党は25日、都内のホテルで全国幹事長会議を開いた。福田康夫首相(党総裁)は先の参院選について「国民の目線で格差問題を考えていれば、あのような惨敗は喫しなかったと反省している」と述べ、政権運営で国民生活を重視していく姿勢を強調した。

会議では、各都道府県連の幹事長、政調会長から地方に対する一層の配慮を求める声が続出。党執行部は新たに設置した地域活性化特命委員会を中心に、次期衆院選もにらんだ地方重視政策の検討を急ぎ、11月中旬までの具体的取りまとめを目指す。《共同通信》



10月25日 その日のできごと(何の日)