平成6672日目

2007/04/15

【三重・亀山市】震度5強

15日午後0時19分ごろ、東海地方から近畿、北陸などにかけて広い範囲で地震があり、三重県北部の亀山市で震度5強、津、鈴鹿市などで震度5弱を観測した。家屋などが損壊し、鈴鹿市で1人が重傷を負ったほか、亀山市や名古屋市、京都府などで11人がけがをした。ほとんどが軽傷という。

気象庁によると、震源地は三重県中部で、震源の深さは約16キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5.4と推定される。東南海地震の発生に影響する可能性は低いとみられるが、同庁は「余震活動は活発ではないが、震度4程度の余震が起こる可能性がある」として警戒を呼び掛けている。同日午後6時34分ごろには、津、亀山市などで震度4の余震があった。《福井新聞》

広告




【愛子さま】合唱にご参加

皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さま(5)は15日、学習院(東京都豊島区)で開かれた「第21回オール学習院の集い」の合同演奏会で、皇太子ご夫妻が見守る中、幼稚園の年長による合唱に参加された。

演奏会は学習院の幼稚園児から大学生、OB・OGまでが参加する催し。愛子さまはステージ上で50人の同級生と一緒に横1列に並び、「ようちえん」「ちゅうりっぷ」「ありさんのおはなし」の3曲を合唱された。歌にあわせて両隣の子供と手をつないだり拍手をして顔を見合わせたり、両手を頭の上にちょこんと乗せてアリの触角を表現するしぐさもみせられた。

皇太子ご夫妻は目を細めて時折、会話を交わしながら鑑賞された。《産経新聞》

【安倍晋三首相】陸自ヘリ事故葬送式に参列


http://www.kantei.go.jp/

鹿児島県徳之島の山中に陸上自衛隊101飛行隊(那覇市)のヘリコプターCH47が墜落した事故で、死亡した隊員4人の葬送式が15日午前、空自那覇基地内の同飛行隊格納庫で行われ、参列した遺族や安倍晋三首相、久間章生防衛相らが冥福を祈った。防衛省によると、葬送式に首相が参列するのは初めて。《福井新聞》

4月15日/のできごと