平成6622日目

2007/02/24

【自民党・舛添要一参院政審会長】復党問題で安倍首相を批判

自民党の舛添要一参院政審会長は24日朝のTBS番組で、郵政造反組の衛藤晟一元厚生労働副大臣の復党を安倍晋三首相が容認する考えを示したことについて「百害あって一利なし。論外だ。首相はぐらついちゃいけない」と強く批判した。

舛添氏は「参院は衆院で落選した人の姥捨山でも失業対策(の場)でもない。自公協力に影響を与える」と指摘。さらに「(次は)平沼(赳夫元経済産業相)さんはどうか、となる。だから昨年、一気に(落選組も含めて復党を)やっておけばよかった」と苦言を呈した。《共同通信》



【サッカー・ゼロックス杯】ガンバ大阪が初優勝

国内サッカーシーズンの到来を告げるJリーグ開幕1週間前恒例のゼロックス・スーパーカップは24日、東京・国立競技場で行われ、昨季の天皇杯全日本選手権で初優勝したガンバ大坂がマグノアウベスのハットトリックなどでJリーグ1部(J1)と天皇杯の2冠を達成した浦和に4−0で大勝し、初優勝した。《共同通信》



2月24日のできごと